低電圧電動機市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

低電圧電動機とは、1000V以下の電圧を利用したモーターのことです。これらのモーターの主な特徴は、品質と生産性の向上、エネルギーバランスの良さ、高い安全性です。このため、低電圧電動機は、リフト、コンプレッサー、ファン、チラー、エアハンドリングユニット、ポンプなどに搭載されています。さらに、食品・飲料、自動車、包装、鉱業、石油・ガスなどの多様な産業でも使用されています。低電圧電動機市場は、2020年に131億米ドルの規模に達しました。

世界的に工業化が進み、オートメーション産業の成長が加速しています。これに伴い、生産コストの増加を最小限に抑えるために、低電圧電動機の需要が高まっています。さらに、消費者の嗜好が低効率のモーターから高効率で省エネのモーターへと変化していることも、低電圧電動機の需要を押し上げています。さらに、世界的に住宅地の建設や改築が急増していることも、今後数年間の市場成長に影響を与えると予想されます。今後5年間、世界の低電圧電動機市場は緩やかな成長が見込まれています。

主要な市場区分

効率別に、低電圧電動機市場は標準効率、高効率、プレミアム効率、スーパープレミアム効率に分類されています。現在、標準効率の低電圧電気モーターが市場を支配し、最大のシェアを占めています。

用途別では、商業用HVACが最も大きく、次いで食品・飲料・たばこ産業、鉱業、公益事業となっています。

用途別に、市場はポンプ・ファンとコンプレッサーに分類されています。これらの中では、ポンプ・ファンが市場全体の大半を占めています。

地域別では、北米と南米が主要市場であり、世界最大のシェアを占めています。その他の主要市場は、欧州、中東・アフリカ、中国などです。

市場の競合状況

世界の低電圧電動機市場における主要な企業としては、ABB、Siemens、WEG、TECO E&M、Regal Beloit、Leroy-Somer、Shandong Huali、Hyundai Heavy Industries、Hyosung Corporation、NIDECなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]