低密度ポリエチレン市場、2026年に448億米ドル規模到達見込み

市場の概要

低密度ポリエチレン市場は、2020年に356億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には市場規模が448億米ドルに達すると予想されています。

低密度ポリエチレン(LDPE)は、フリーラジカル重合プロセスを用いて高圧で製造される熱可塑性ポリマーです。4,000〜40,000個の炭素原子を持つ、半硬質で半透明のポリマーです。無毒で汚染性がなく、衝撃、湿気、化学物質、引き裂き、ストレスクラックに対して耐性があります。このような特性から、パッケージ、ゴミ箱、フロアタイル、配送用封筒、スポイトボトルなどに広く使用されています。さらに、再生可能性と電気絶縁性を備えていることから、世界各地の最終用途産業でLDPEの用途が拡大しています。

低密度ポリエチレンは、食品・飲料(F&B)分野で、肉製品、スナック、焼き菓子、乳製品、冷凍品の包装に使用されています。これにより、これらの製品を病原菌や環境要因から保護し、保存期間を延ばし、味や栄養価を保つことができます。これ以外にも、ライナーやタンパーイーブンパッケージなどの製造にも利用されています。また、吸水性や可塑性が低いことから、パイプや継手の分野でも使用されています。さらに、LDPEをベースにしたコンパウンドは、通信用ワイヤーやケーブルのシースに使用される絶縁材にも使用されています。さらに、環境問題への関心の高まりから、LDPEは無毒で再生可能であり、一定の条件の下ではリサイクルも可能であるため、需要が拡大しています。さらに、建設業界や自動車業界の急成長により、今後数年間の市場成長が見込まれています。

主要な市場区分

世界の低密度ポリエチレン市場は、製造プロセス、原料、用途、地域に基づいて分類されています。

製造プロセス別の市場構成

・オートクレーブ法

・チューブラー法

原料別の市場構成

・天然ガス

・ナフサ

・その他

用途別の市場構成

・フィルム・シート

・押出コーティング・

・射出成形

・その他

現在、フィルム・シートが市場の大半を占めています。

地域別の市場構成

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

地域別では、アジア太平洋地域が市場でトップの地位を占めています。

市場の競合状況

世界の低密度ポリエチレン市場における主要な企業としては、BASF SE、Dow Chemical Company、Exxon Mobil Corporation、LyondellBasell Industries N.V.、Saudi Basic Industries Corporation (SABIC)、China Petroleum & Chemical Corporation (Sinopec)、Borealis AG、Braskem SA、Chevron Phillips Chemical Company, LLC、Lone Star Chemical、Petkim Petrokimya Holding A.S.、Total Petrochemicals & Refining USA, Inc. (TPRI), LG Chem Ltd., Formosa Plastics Corporation, Qatar Petrochemical Company.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]