リップケア製品市場、2026年に28億米ドル規模到達見込み

市場の概要

リップケア製品市場は、2020年に22億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には28億米ドルの市場規模に達すると予測されています。

リップケア製品とは、唇に栄養を与え、寒さや乾燥した風、紫外線などの外的要因から唇を保護する化粧品を指します。主な成分は、ミツロウやカルナウバロウ、カンフル、セチルアルコール、ラノリン、パラフィン、ペトロラタムなどです。リップケア製品の中には、染料、香料、フェノール、サリチル酸、日焼け止めなどが含まれているものもあります。昨今、メーカーはより多くの消費者を惹きつけるために、フレーバーバームからオーガニック成分を含む製品まで、さまざまなリップケア製品を発売しています。また、リップケア製品は、使いやすさを考慮して、ジャー、チューブ、スティック、ロールオンなどの使いやすいパッケージで提供されています。

リップケア製品の主な消費者は常に女性ですが、近年、男性の間で身だしなみを整える傾向が強まっていることから、男性の消費者も急増しています。また、唇を無防備に長時間日光にさらすと、シワや老化、口唇炎などの原因となるため、日焼け防止用のリップケア製品の需要が高まっています。これに加えて、メーカーは製品の革新に力を入れており、長持ちする即効性のある処方やティーンエイジャー向けの魅力的な製品群を開発し、より多くの消費者を獲得しています。例えば、バニラ、マンゴー、ストロベリーなど、さまざまなフレーバーのバームが発売されており、保湿とともに唇にきらめきや輝きを与えています。

主要な市場区分

世界のリップケア製品市場は、製品タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・非薬用

・薬用・治療用

・日焼け止め

これらの中で、非薬用のリップケア製品は、世界で最も人気のある製品タイプです。

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・専門店

・薬局・ドラッグストア

・オンラインストア

・その他

現在、リップケア製品は主にスーパーマーケットやハイパーマーケットで販売されています。これは、様々なブランドの製品を入手できること、広い棚スペース、製品を選ぶ際の利便性のためです。

地域別の市場構成

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

・その他

地域別では、アジア太平洋地域が市場の主導権を握っています。これは、同地域におけるファッションと美容のトレンドが急速に変化しているためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]