リニアアルファオレフィン市場、2021年から2026年の間に6.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

リニアアルファオレフィン市場は、2020年に101億米ドルの価値に達しました。今後、2021年から2026年の間に6.5%のCAGRで成長すると予想されています。

リニアアルファオレフィンは、鎖の最初の炭素原子に二重結合を持つ、分岐していないアルケンです。この二重結合の存在は、化合物の反応性を高め、様々な用途に利用されます。リニアアルファオレフィンは、各種ポリマーから合成潤滑油まで、さまざまな製品の製造に使用されています。リニアアルファオレフィンの主なエンドユーザーであるプラスチック産業の成長が、この市場を牽引しています。

主要な市場区分

最終用途別の市場構成

世界のリニアアルファオレフィン市場は、最終用途に基づいて分類されています。リニアアルファオレフィンの用途は、その炭素鎖長によって異なります。1-C4から1-C8のリニアアルファオレフィンは、ポリエチレンの製造においてコモノマーとして使用されます。1-C6~1-C10の直鎖αオレフィンは、可塑剤用アルコールの前駆体として使用されます。1-C12~1-C14のリニアアルファオレフィンは、洗剤や合成潤滑油の製造に使用されます。その他の用途としては、合成酸の製造、パルプ、紙、掘削用途などがあります。現在、リニアアルファオレフィンの最大かつ急速に成長している消費者はポリエチレン産業であり、世界全体の消費量の大半を占めています。

地域別の市場構成

世界のリニアアルファオレフィン市場は主要地域別に分類されています。北米は現在、リニアアルファオレフィンの世界最大の生産国であると同時に消費国となっています。生産量では、北米に続き、西欧、中東欧、南アフリカ、中東、日本が続きます。消費量では、北米に続いて、西欧、アジア(日本を除く)、中東、南アフリカが続きます。輸出入の動向については、ベルギーが世界最大の輸入国であり、世界の輸入量の5分の1以上を占めています。次いで、米国、フランス、タイ、オランダの順となっています。

市場の競合状況

リニアアルファオレフィンの世界市場で事業を展開している主要企業には、シェル・ケミカル社、シェブロン・フィリップス・ケミカル・カンパニーLP、サソル・リミテッド、DOWケミカル社、エクソンモービル・ケミカル社などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]