LEDチューブライト市場、2021年から2026年の間に13%のCAGRで成長見込み

市場の概要

LEDチューブライト市場は、2015年から2020年にかけて堅調な成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に13%のCAGRで成長すると予測されています。

発光ダイオード(LED)チューブライトは、現在、最もエネルギー効率の高い直管型照明の一つです。エネルギー効率が高く、寿命が長いことから、商業施設や住宅に多く使われている蛍光管に代わって急速に普及しています。

蛍光灯(占有センサーやその他の制御装置と統合すると消耗が速くなる傾向がある)とは異なり、LEDチューブライトは制御システムと完全に連携します。また、寿命も5万〜10万時間と長く、従来の55〜75倍にもなります。最大限の光量を確保しながら省エネを実現し、色温度のバリエーションも豊富で、環境にやさしい照明です。LEDチューブライトは、独自のソリッドステート設計により、軽量で耐久性に優れ、メンテナンスやウォームアップの時間がほとんど必要ありません。また、温度変化にも強く、極寒の環境下でも安定した性能を発揮します。

市場の動向

世界的な電気料金の高騰に伴い、消費者はコンパクト蛍光灯(CFL)からLEDチューブライトへと移行しています。その背景には、各国政府の省エネ・環境保護に関する啓蒙活動や政策があります。一方、メーカーは様々なLED照明製品を発表し、新聞やテレビを通じたマーケティングに投資することで、消費者の間で製品の認知度を高めています。さらに、LEDチューブライトは、より優れた雰囲気の照明、強化された制御、およびメンテナンスコストの削減を提供するため、企業部門からの強い需要が生まれています。また、自動車、一般照明、モバイル機器、信号・看板、医療、法医学、学術、街路灯などにも広く使用されており、市場の成長を促しています。

チューブタイプ別の市場構成

・T5

・T8

・T12

・その他

アプリケーション別の市場構成

・住宅

・オフィス

・産業用

・ホスピタリティ

・その他

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のLEDチューブライト市場における主要な企業としては、Acuity Brands, Eaton Corporation PLC, Foshan Electrical and Lighting Co., Ltd., GE Lighting, Iris Ohyama Inc., Koninklijke Philips NV, Ledvance Lighting Company, Opple Lighting, OSRAM, Panasonic Corporation, Syska LED, Toggled, Yankon Lighting, Zumtobel Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]