LED街路灯市場、2021年から2026年にかけて13.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

LED街路灯市場は、2015年から2020年にかけて強い成長を示しました。LED技術は時代とともに大きく進化しており、その製造コストの削減と効率や性能特性の向上が同時に実現されています。これらの進化により、街路灯や投光照明などの道路や屋外エリアの照明との組み合わせが可能になりました。現在では、街灯にエネルギー効率の高い最新のLEDシステムを導入することで、安全で接続された都市照明ネットワークを構築するための多くの機会を提供しています。長寿命でエネルギー消費量が少ないことから、世界中のさまざまな都市でLED街路灯が採用されています。

スマートシティの発展は、LED街路灯の需要を促進する重要な要因となっています。スマートシティプロジェクトにおけるLED街路灯の設置は、老朽化した都市のインフラを広く改修することに貢献します。モバイルネットワークと集中管理システム(CMS)を利用したコネクテッド・ストリート・ライティング・プログラムを導入することで、都市管理者は遠隔地から照明資産を制御・監視することができます。さらに、従来の照明システムからの世界的なシフトも、市場成長にプラスの影響を与えています。世界各国の政府は、古い街灯をLEDに置き換える取り組みを行っています。例えば、カナダやイギリスの都市では、最近、スマート照明システムを導入するプロジェクトが始まっています。このほか、マレーシア政府は2019年9月から、国内のすべての街灯を白熱電球や蛍光灯からLED照明に交換する予定です。今後、世界のLED街路灯市場は、予測期間(2021年~2026年)に13.5%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

世界のLED街路灯市場は、アプリケーションと地域に基づいて分類されています。

アプリケーション別の市場構成

・レトロフィット

・小売・ホスピタリティ

・屋外

・オフィス

・建築

・住宅

・産業用

現在、LED照明は、光学性能とエネルギー効率を向上させるために、非効率な光源をLED照明に交換するレトロフィットの目的で主に使用されています。

地域別の市場構成

・インド

・中国

・欧州

・米国

・日本

・ブラジル

・ロシア

地域別では、中国がLED照明の最大の市場であり、世界市場の大部分を占めています。これは、都市化の進展、地域ごとの省エネ目標の実施、国全体でのLED照明の使用を促進するための財政的な補助金の導入などが要因として挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]