LEDパネルライト市場、2021年から2026年にかけて11.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

LEDパネルライト市場は、2020年に186億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に11.3%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

LEDパネルライトは、エネルギー効率が高くコスト効率に優れ、長寿命で均一な光出力が得られ、メンテナンスが少なくて済む照明器具の一種です。これらの利点から、従来の蛍光灯型シーリングライトに代わって急速に普及しており、室内環境に最適な照明器具の一つと考えられています。また、LEDパネルライトは、放熱性に優れた構造設計と側面からの発光により、熱を素早く逃がすことができるため、寿命を延ばすことができます。オフィスや会議室、ホテルやレストラン、ショールームやショッピングモール、病院や研究所、教育機関などに適した様々な形やサイズ、デザインのものがあり、世界中で需要が高まっています。

LEDパネルライトは、蛍光灯器具とは異なり、再点灯の遅延がなく、瞬時に起動することができるため、迅速な後付けが可能です。また、調光機能やリモートプラグアンドプレイ機能、3時間の緊急時対応機能、ビル制御やモーションセンサー、タイマーとの互換性など、高度に制御された環境で急速に普及しています。また、高品質の押し出しアルミニウムやスチールなど、廃棄の問題がない非危険物で構成されているため、従来の照明器具に代わる環境に優しい照明器具としても注目されています。このような背景から、各国の政府も省エネや環境保護のためにLEDパネルライトの使用を奨励しています。さらに、LED技術の進歩に伴い、メーカーは新しいカラーバリエーションのLED製品を発売しており、これも需要に貢献しています。

主要な市場区分

世界のLEDパネルライト市場は、アプリケーション別及び地域別に分類されています。

アプリケーション別の市場構成

・レトロフィット

・小売・ホスピタリティ

・屋外

・オフィス

・建築

・住宅

・産業用

現在、LED照明の世界市場では、レトロフィットが最大のアプリケーションセグメントであり、シェアの大半を占めています。既存の照明器具にLED照明を取り付けるレトロフィットは、屋内外の照明分野で非常に人気があります。

地域別の市場構成

・インド

・中国

・欧州

・米国

・日本

・ブラジル

・ロシア

・その他

世界のLED照明市場では、中国が圧倒的な強さを見せています。中国では、ショッピングモールやホテルなどの複合商業施設が増加しており、LED照明の需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]