LEDフラッドライト市場、2021年から2026年にかけて11.1%のCAGRで成長見込み

市場の概要

LEDフラッドライト市場は、2020年に58億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に11.1%のCAGRで市場が成長すると予測されています。

LEDフラッドライトは、スタジアム、庭、ステージ、プライベートガーデン、家庭のリビングスペースなど、広い範囲を照らすために使用される照明器具の一種です。LEDフラッドライトは、蛍光灯やCFLなどの他の照明器具に比べて多くの利点があります。赤外線や紫外線を発生させないため環境に優しく、電力消費量が少ないため二酸化炭素排出量の削減にも貢献します。また、耐久性にも優れているため、メンテナンスも最小限で済みます。現在、LEDフラッドライトの需要は、各国の政府が持続可能な開発に向けたステップとしてLEDフラッドライトの使用を支援していることから高まっています。

近年、LEDフラッドライトは、セキュリティの境界線、スタジアム、倉庫など、いくつかの商業および産業アプリケーションの屋外照明としてますます使用されています。また、LEDフラッドライトは、従来の照明技術と比較してエネルギー消費量が少ないため、建物の所有者や管理者が運用コストやメンテナンスコストを削減するのに役立ちます。また、LEDフラッドライトは、室内の温度上昇を抑えることができるため、住宅や商業施設の分野でも人気が高まっています。さらに、フラッドライトは、クールビームバルブを備え、最適な発光効率を提供するため、グリーン照明技術に対する需要の高まりに対応しています。このような特性から、LEDフラッドライト市場は近い将来、多くの投資を集めると予想されます。

主要な市場区分

世界のLEDフラッドライト市場は、用途別及び地域別に分類されています。

用途別の市場構成

・レトロフィット

・小売・ホスピタリティ

・屋外

・オフィス

・建築

・住宅

・産業用

用途別に見ると、LED照明は主に、光学性能とエネルギー効率を向上させるために、非効率な光源をLED照明に交換する改修用途に使用されています。

地域別の市場構成

・インド

・中国

・欧州

・米国

・日本

・ブラジル

・ロシア

地域別では、中国がLED照明の最大の市場であり、世界市場の大部分を占めています。これは、都市化の進展、地域ごとの省エネ目標の実施、国全体でのLED照明の使用を促進するための財政的な補助金の導入などに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]