LEDダウンライト市場、2021年から2026年にかけて9.2%のCAGRで成長見込み

市場の概要

LEDダウンライト市場は、2020年に206億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に9.2%のCAGRで市場が成長すると予測されています。LEDダウンライトは、天井の中空の開口部に設置される埋め込み型の照明器具です。これらの照明は、住宅や商業施設で広く使用されています。LEDダウンライトはエネルギー効率が高く、環境に優しい照明であり、狭いビームで下方向に光を照射します。これらの照明は、最小限の熱放射で比較的長い寿命を持っています。当初は指向性照明を目的としていましたが、新しい製品のバリエーションは、ショッピングモール、オフィス、廊下、キッチン、バスルーム、ショールームなどに幅広く使用されています。これらのダウンライトには、光の出力レベルを制御するために調光スイッチを追加することができます。LEDダウンライトは、コンパクトな蛍光灯や白熱灯に代わる照明器具として、さまざまなサイズと光束のパッケージが用意されています。

LEDダウンライトは、外部からの衝撃や振動、過酷な天候、交通事故などの悪条件にも耐えられるため、屋外用照明として非常に好まれています。また、消費電力が少なく、紫外線や熱の放射量も少ないため、販売が拡大しています。さらに、いくつかの発展途上国では電気料金が高騰していることから、政府はさまざまな分野でLED照明の普及を促進するための取り組みを行っています。さらに、メーカーやベンダーが様々な広告媒体を使って積極的にマーケティング活動を行っていることも、市場の成長に拍車をかけています。

主要な市場区分

アプリケーション別の市場構成

・レトロフィット

・店舗・ホスピタリティ

・屋外

・オフィス

・建築

・住宅

・産業用

LED照明市場の最大のアプリケーションセグメントはレトロフィットです。これは、既存の照明器具をLED照明に交換することが大衆に好まれていることに起因します。

地域別の市場構成

・インド

・中国

・欧州

・米国

・日本

・ブラジル

・ロシア

・その他

LED照明市場では、中国が主導的な地位を占めています。中国政府は、省エネで環境に優しい照明技術の開発と導入に積極的に取り組んでおり、これがこの地域の市場成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]