LED電球市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

LED電球市場は、2020年に67億米ドルの規模に達しました。LED(Light Emitting Diode)電球とは、多数のLEDクラスターをベースに取り付けた電気スタンドのことです。白熱灯や蛍光灯のような従来の光源とは対照的に、LED電球には、小型化、長寿命、低消費電力、低発熱などの無数の利点があります。さらに、これらの電球は、さまざまなワット数、色、形状、および調光機能を備えています。このような理由から、LED電球は世界中の産業、商業、住宅の各分野で一般的に使用されています。世界のLED電球市場は今後5年間で力強い成長を遂げると予測されています。

市場の成長要因

現在、世界中で電力消費量が増加しています。電力消費量の増加は、世界的な人口の増加、複数の国による電力への高額な補助金、消費を合理化するための限られた試みなどに起因しています。しかし、電力消費量の増加は、十分な電力生産によって補われておらず、電力危機につながっています。そのため、LED電球のようなエネルギー効率の高い製品への需要が高まっています。

メーカーは、消費者層を拡大するために、新聞やテレビなどの様々な広告媒体を使って独自のマーケティング活動を行っています。これに加えて、政府やその他の規制機関による継続的な奨励と、人々の間での製品意識の高まりが、市場の成長を促進すると予想されます。

ここ数年、環境保護や省エネルギーを推進する傾向が強まっています。例えば、中国やインドなどの一部の市場では、政府が自国でのLED照明の使用を奨励しています。その結果、LED電球はエネルギー効率の高い主要な照明ソリューションの一つとして登場し、今後数年間、市場を牽引していくものと思われます。

LED電球は、自動車、一般照明、モバイル機器、信号・看板、医療、法医学、街灯、学術などの分野で幅広く使用されています。発展途上国では都市化や工業化が急速に進んでいるため、長期的にはさまざまな最終用途産業でLED電球の需要が増加すると予想されます。

主要な市場区分

用途別の市場構成

LED電球市場は用途別に、後付け、小売・接客業、屋外、オフィス、建築、住宅、産業用に分類されます。その中でも、LED電球は従来の照明システムに代わって急速に普及しているため、後付けが最大の用途となっています。

地域別の市場構成

地域別では、インドが世界のLED電球市場でトップの座を占めています。 これは、インドでLED製品の現地生産が増えているためです。インドに続いて、中国、欧州、米国、日本、ブラジル、ロシア、その他となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]