レーザーダイオード市場、2026年に135億米ドル規模到達見込み

市場の概要

レーザーダイオード市場は、2020年に約80億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には135億米ドルに達すると予想されています。

レーザーダイオードは、ダイオードレーザーとしても知られており、電流を流すと可視または赤外線(IR)スペクトルの放射線を発生する半導体デバイスを指します。発光ダイオードに似ており、ダイオードの接合部でレーザービームが作られます。光は単一の周波数で構成されているため、簡単なレンズシステムを使用することで、非常に小さな点に焦点を合わせることができます。レーザーダイオードは、サイズが小さく、重量が軽く、必要な電力が少ないため、高効率であり、ポータブル電子機器に最適です。そのため、バーコードリーダー、自律走行車、レーザープリンター、光ファイバ通信、セキュリティシステムなど、さまざまな機器に使用されています。

市場の動向及び成長要因

ここ数年、ヘルスケア分野でのレーザーダイオードの需要が伸びています。レーザーダイオードは、医師がビームをより正確に標的部位に集中させ、周囲へのダメージを防ぐことができます。そのため、半導体レーザーダイオードの採用は、脊椎手術、心臓血管手術、白内障手術などで継続的に拡大しています。この他にも、レーザーダイオードは、脱毛、ボディコンタリング、レーシック手術、スキンリサーフェシング、タトゥー除去、シワや色素沈着の軽減などにも幅広く応用されています。

産業分野では、レーザーダイオードは、コンパクトサイズ、低メンテナンス、短波長、高電気効率などの利点から、材料加工に使用されています。材料加工のアプリケーションには、金属の溶接、金属の焼き入れ、レーザーブレイジング、クラッディング、切断などがあります。材料加工は、自動車、航空宇宙、重工業、家電などの製造工程において不可欠な要素であるため、レーザーダイオードの需要は勢いを増しています。

研究者や開発者は、より便利で高精度なレーザーダイオードを低価格で提供するために、レーザーダイオード業界に継続的に革新をもたらしています。例えば、業界大手のコヒーレント社は、水冷装置をレーザーヘッドに直接組み込むことで、レーザーダイオードの使用方法を改善しました。

自動車業界では、レーザーダイオードはドライバーの視認性を向上させ、道路交通の安全性を高めることから、現在、自動車のヘッドランプの製造に使用されています。また、レーザーダイオードは、現在の他のヘッドライト技術と比較して、最長の照射距離を実現しています。今後数年間は、所得水準の上昇や生活水準の向上に伴う高級車の需要増により、レーザーダイオードの売上が大幅に増加することが見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]