ラミネートフローリング市場、2021年から2026年にかけて5.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ラミネートフローリング市場は、2020年に274億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は5.3%のCAGRで成長すると予想されています。

ラミネートフローリングとは、多層構造の合成床材のことで、摩耗層、意匠層、芯材層、裏材層がラミネート加工で貼り合わされています。上層はメラミンと酸化アルミニウムで構成されており、耐傷性と耐湿性に優れた表面を持つラミネートボードとなっています。ラミネートボードは、エンジニアードウッドやハードウッド、石材などの床材と比較して、安価で施工やメンテナンスがしやすいのが特徴です。また、幅、長さ、厚さのバリエーションがあり、木、石、タイルなどの様々な表面を再現できるため、ラミネートフローリングの需要は世界中で高まっています。

市場の成長要因

ラミネートフローリング市場の主な成長要因の一つは、世界中で建設活動が活発化していることです。人口の増加、急速な都市化、世界経済の回復、所得水準の上昇、生活水準の向上などを背景に、近年、ブラジルや中国などの新興国を中心に住宅需要が増加しています。これに伴い、耐久性、耐傷性、耐汚染性に優れたラミネートフローリングのような最新の床材へのニーズが高まっています。また、他の床材とは異なり、ラミネートフローリングは施工が容易なため、熟練した労働力を必要としません。また、デザインや印刷技術の進歩、メーカーによる革新的な製品デザインの導入などにより、世界的にラミネートフローリングの需要が高まっています。

主要な市場区分

世界のラミネートフローリング市場は、タイプ別、セクター別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・HDFラミネート

・MDFラミネート

現在、ラミネートフローリングの中で最も普及しているのは、MDF(Medium Density Fiberboard)ラミネートで、世界市場の大半を占めています。MDFラミネートは、パーティクルボードと同様に、木質繊維を接着剤や樹脂で加熱・加圧して接着したものです。

セクター別の市場構成

・住宅

・商業

現在、商業部門が全体の市場シェアの大半を占めています。これは、この分野では、インテリアを飾る傾向が強まっており、美的感覚に優れた床材の需要が高まっているためと考えられます。

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

アジア太平洋地域は、現在、市場でトップの地位を占めています。近年、アジア太平洋地域では、インドや中国などで人口が増加し、それに伴う住宅需要が高まっていることから、ラミネートフローリングが人気を博しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]