積層単板製材市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

積層単板製材市場は、2020年に29億米ドルの価値に達しました。今後5年間で市場は力強い成長を示すと予想されています。

LVL(Laminated Veneer Lumber:積層単板製材)は、完全な耐候性を持つ接着剤を用いて、単板を熱と圧力で接着して作られます。軽量で強度が高く、耐久性に優れた製品であり、寸法精度が高く、均一性があり、長距離にも耐えることができます。市場には、LSL(Laminated Strand Lumber)とCross-banded Laminated Veneer Lumberの2種類のサブタイプがあります。

市場の動向

積層単板製材は、その構造的特性から、公共建築物、大型プレハブ建築物、製品部材、工業用倉庫、カスタマイズされた木造住宅などの恒久的な構造用途に使用されています。主な用途としては、梁、まぐさ、棟木、根太、トラスコード、コンクリート型枠、足場板など、住宅や商業施設の構造材として使用されています。ヨーロッパやアメリカなどの地域では、構造用鋼や鉄筋コンクリートの代替として使用されることが多いです。

主要な市場区分

積層単板製材市場は最終用途に応じて、商業用と住宅用に分けられます。積層単板製材の最大の消費者は住宅分野で、世界シェアの半分以上を占めています。

主要地域別では、北米が最大市場となっています。その他の主要地域としては、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東・アフリカが挙げられます。

市場の競合状況

世界の積層単板製材市場における主要なプレイヤーとしては、Clarke Veneers and Plywood、Roseburg、Nelson Pine Industries Limited、Weyerhaeuserなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]