カスパエンドウ豆市場、2026年に3,440万トン規模到達見込み

市場の概要

カスパエンドウ豆市場は、予測期間(2021年~2026年)に緩やかな成長を見せ、2026年には3,440万トンの市場規模に達すると予想されています。カスパエンドウ豆は、グリーンピースと同じ亜種に属する、高収量の半葉の無いタイプのフィールドエンドウ豆です。このエンドウ豆には様々な消化可能な栄養素が含まれており、人間の消費や家畜の飼料として優れています。カスパエンドウ豆は、年間平均降水量が400mm以上の地域での栽培に適しています。また、トレーリングタイプの品種に比べて、作物が倒れてもさやが地面より上にあるため、収穫が容易です。さやが砕けにくいので、収穫が遅れたり、作物の成熟時に条件が悪かったりしても、穀物の損失を抑えることができます。現在、多くのスプリットピー加工会社は、分割効率の高さから、均一で丸いダンピースを好んで使用しています。

市場の成長要因

消費者の間で健康志向が高まっていることも、市場の成長を促す重要な要因の一つです。カスパエンドウ豆には、タンパク質、繊維、鉄分、葉酸、カリウムが豊富に含まれています。これらの豆に含まれる豊富な栄養素は、消費者に様々な健康上のメリットをもたらします。カスパエンドウ豆に含まれる鉄分は、貧血を予防し、健康的な血中ヘモグロビン濃度を促進します。一方、食物繊維は消化を良くし、血中コレステロール値を下げるのに重要な役割を果たします。これらの豆類は、他の豆類とともに、特に南アジア地域では安価な栄養源となっています。そのため、インドの南部をはじめとする南アジアの国々では、おやつとしてよく食べられています。さらに、特に発展途上地域における人口の増加と食品分野の拡大も、この業界にプラスの影響を与えています。ニッチ市場や特殊市場をターゲットにした新しい品種のフィールドエンドウ豆の登場は、業界の既存プレイヤーに大きなチャンスをもたらし、市場をさらに活性化させています。

地域別の市場構成

・カナダ

・中国

・ロシア

・アメリカ

・インド

・その他

地域別では、カナダがカスパエンドウ豆の最大の生産国であり、世界の生産量の約3分の1を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]