ホホバオイル市場、2026年に24,352トン規模到達見込み

市場の概要

ホホバオイル市場は、2020年に16,318トンの規模に達しました。将来的には、2026年には24,352トンに達すると予想されています。

ホホバオイルは、科学的にはSimmondsia chinensisと呼ばれるホホバの豆を砕いて得られる植物油の一種です。多価不飽和の液状ワックスで、皮膚から分泌される天然の油である皮脂に近い成分です。そのため、肌に馴染みやすく、アレルギー反応もほとんどなく、肌を攻撃するさまざまな細菌や真菌の繁殖を抑制します。また、乾燥した肌には栄養を与え、脂性肌には油分の分泌を調整してバランスを整える効果があります。このため、ホホバオイルはスキンケア・ブランドのボディ・クリームやローションの製造において、動物性脂肪の代替品として広く使用されています。

ホホバオイルは、酸化や腐敗を起こさず、高温高圧下でも分解されないため、保存期間が長いです。そのため、保湿剤、洗顔料、傷跡や妊娠線を目立たなくする化粧品、アクネ用ジェルなどのスキンケア製品や、ヘアコンディショナー、タングリングクリーム、発毛剤などのヘアケア製品に欠かせない成分となっています。また、ホホバオイルには、ビタミンE、B群、ケイ素、クロム、銅、ヨウ素、亜鉛などのビタミンやミネラルが含まれています。その結果、ホホバオイルは、ダイエット・サプリメントとして使用され、また、ただれ、切り傷、打ち身、火傷、水虫、いぼなどを治療するためのいくつかの医薬品の主成分としても使用されています。さらに、ホホバの種子は5年後には栽培可能となるため、主要企業は研究開発(R&D)活動に投資し、革新的で安価な技術を開発してオイル資源の安定供給を確保しています。

主要な市場区分

世界のホホバオイル市場は、アプリケーション、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

アプリケーション別の市場構成

・化粧品

・医薬品

・産業用

・その他

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・オンライン小売店

・その他

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のホホバオイル市場における主要な企業な以下の通りです。

・パーセル・ホホバ・インターナショナル

・エコ・オイル・アルゼンチンSA

・エジプシャン・ナチュラル・オイル社

・インカオイルSA

・ザ・ホホバ・カンパニー

・Desert Whale Jojoba Company

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]