静脈注射用溶液市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

静脈注射用溶液とは、静脈注射用溶液療法において失われた体液を補い、電解質のバランスを崩し、体液のバランスを保つために必要な栄養素を完全に混合したものです。また、糖尿病や癌などの病気の患者に必要な栄養素を提供します。静脈注射用溶液は、水に電解質や糖分、薬剤などを患者の必要に応じた濃度で加えたものです。これに伴い、これらの溶液の割合と量は、患者の病状、年齢、体格に応じて変化します。2015年から2020年にかけて、世界の静脈注射用溶液市場は緩やかな成長を示しました。

不健康な食生活による胃腸障害、神経疾患、がん、糖尿病などの疾患の流行が、静脈注射用溶液市場の成長の重要な要因となっています。さらに、これらの溶液はポータブルパッケージで提供されているため、患者は病院ではなく自宅で点滴を使用することが容易になります。また、インドや中国などの発展途上国では、医療分野への投資が拡大しており、これが静脈注射用溶液の需要を押し上げると予想されています。さらに、メーカーは、利便性の向上と包装廃棄物の削減のために、プレミックス液を導入するなど、新しい製品イノベーションを打ち出しています。今後、2021年から2026年の間に、世界の静脈注射用溶液市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

世界の静脈注射用溶液市場は、タイプ別に部分的非経口栄養法と全体的非経口栄養法に分かれています。

また、栄養成分に基づいてさらに分類されています。栄養素の種類としては、炭水化物、塩類・電解質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸などがよく知られています。

地域別では、北米が大部分を占めており、次いで欧州、アジア太平洋地域、中東・アフリカ、ラテンアメリカと続きます。

市場の競合状況

世界の静脈注射用溶液市場における主要な企業としては、味の素、B. Braun Melsungen、Baxter International Inc.、Grifols、大塚製薬などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]