内装建築用塗料市場、2026年に576億米ドル規模到達見込み

市場の概要

内装建築用塗料市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。内装建築とは、建築物の内部空間を技術的・科学的に管理することであり、仕上げ、配管、照明、材料、電気的要件、利用可能な空間のスマートな利用など、建築物の様々な側面を考慮します。建築用塗料は、一般的に有機的な仕上げ材で構成されており、建物の内部表面の美化と保護に使用されます。消費者は塗料を選択する際に、隠蔽力、塗布のしやすさ、フローとレベリング、VOC(揮発性有機化合物)の排出量の少なさ、有害物質からのユーザー保護、汚れにくさ、環境への優しさ、低臭気など、様々な美的・性能的特性を求めます。現在、市場には様々な種類のコーティング剤があり、ワニス、シーラー、壁用塗料、プライマー、セラミックなどがあります。

ここ数年、商業施設や住宅地の建設ラッシュが続いており、これが市場の成長を促しています。また、世界中の消費者が、自分の家を適切に美化・保護できる高品質な塗料の存在を知るようになりました。さらに、多くの新興国では経済の転換期を迎えており、インフラ活動の活発化に伴い、内装建築用の高品質な塗料の需要が高まっています。さらに、環境悪化への懸念の高まりにより、メーカーは持続可能性が高く、環境に優しい保護機能を備えた塗料の生産を求めています。世界の内装建築用塗料市場は、2021年から2026年の間に4.5%の年平均成長率で推移し、2026年には576億米ドルに達すると予測されています。

主要な市場区分

樹脂タイプ別の市場構成

・アクリル

・ポリエステル

・アルキド

・エポキシ

・ポリウレタン

・その他

技術別の市場構成

・水系塗料

・溶剤型塗料

販売チャネル別の市場構成

・直営店

・独立ディストリビューター

・大手小売店および卸売業者

消費者のタイプ別の市場構成

・プロの消費者

・DIY消費者

最終用途産業別の市場構成

・住宅

・非住宅分野

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の内装建築用塗料市場における主要な企業としては、Akzo Nobel N.V.、Axalta Coatings Systems, LLC、Asian Paints Limited、BASF SE、Nippon Paint/ Nipsea Group、Kansai Paint Co. Ltd.、PPG Industries, Inc.、RPM International Inc.、The Sherwin-Williams Company、The Valspar Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]