インスリンポンプ市場、2026年に56億米ドル規模到達見込み

市場の概要

インスリンポンプ市場は、2020年に41億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には56億米ドルに達すると予測されています。

インスリンポンプは、小型のコンピュータ医療機器で、ベルトやポケットに留めたり、衣服の下に隠したりすることができます。ポンプは、血糖値の上昇を抑制するために、消費者の基礎血糖値とボーラス血糖値に応じて制御された量のインスリンを一定の間隔で体内に送り込むために使用されます。インスリンポンプは、針と柔軟性のあるカテーテルを使ってインスリンを脂肪組織に直接挿入し、テープで固定して使用します。インスリンポンプは、1型および2型糖尿病の患者に、食事の選択肢や食事のスケジュールに柔軟性を与え、注射の投与回数を減らすことで、患者を支援します。

世界的な糖尿病の増加と健康意識の高まりが、市場成長の主な要因となっています。経済の近代化により、いくつかの生活習慣病、特に糖尿病の発生が著しく増加しています。また、食生活の変化や、人工的な成分や保存料を含むインスタント食品への依存によっても、その傾向はさらに強まっています。糖尿病は、腎不全、脳卒中、半身不随、失明など、他の慢性疾患を引き起こす可能性があるため、メーカーは、適応性が高く、手ごろな価格の機器の開発に力を入れています。また、高精度のグルコースセンサーや血液モニタリング機器の開発により、効率的なインスリンポンプの需要も高まっています。さらに、一人当たりの医療費が増加していることや、インスリンポンプの機能を向上させるための研究開発が活発化していることなども、市場の成長に寄与しています。

主要な市場区分

世界のインスリンポンプ市場は、製品タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・インスリンポンプ

・テザーポンプ

・使い捨て/パッチ式インスリンポンプ

・インスリンポンプ関連製品・アクセサリー

・インフュージョンセット挿入器具

・インスリンリザーバー/カートリッジ

流通チャネル別の市場構成

・病院薬剤師

・小売薬局

・オンライン販売

・糖尿病診療所・センター

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のインスリンポンプ市場における主要な企業としては、Animus Corp.、Medtronics Inc.、Insulet Corp.、Roche Diagnostics、Cellnovo Ltd.、Asante、Nipro Diagnostic Inc.、Tandem Diabetes Care Inc.、Sooil Development Co. Ltd., Ypsomedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]