即席麺市場、2021年から2026年にかけてCAGR 5%で成長見込み

市場の概要

即席麺市場は、2020年に470億8,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間、同市場はCAGR 5%で成長すると予想されています。

即席麺は、細かい小麦粉とアルカリ塩の混合物でできています。さらに、でんぷん、食用油、グルテン、グアーガムなどの安定剤など、さまざまな成分が少量ずつ生地に加えられます。即席麺は、フラッシュフライとエアーフライの2つの方法で脱水された調理済みの乾麺です。一般的には、テイストメーカーを含んだ小袋が添えられています。即席麺は、持ち運びができ、短時間で作ることができ、保存も簡単なため、世界中で人気を博しています。

市場の成長要因

都市化の進展と可処分所得の増加により、消費者の食習慣が変化しています。多忙なライフスタイルのため、労働人口は現在、即席麺のような、最小限の調理で済む手頃な価格の迅速な食事を好むようになっています。このような食習慣の変化は、即席麺市場にとって大きなチャンスとなっています。

即席麺は、ベジタリアン向けやノンベジタリアン向けなど、さまざまな種類のフレーバーがあります。さらに、メーカーは消費者層を拡大するために、地域の味覚や好みに合わせて、新しい味、色、食感、調味料/テイストメーカーを配合しています。

世界各地でデパート、ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどの組織化された食品小売業が増加していることも、即席麺の販売を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界の即席麺市場は、タイプ別、流通チャネル別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

即席麺市場は、タイプ別に、揚げ物即席麺と非揚げ物即席麺に分けられます。現在、最も普及しているのは油揚げ即席麺で、市場シェアの大半を占めています。油揚げ即席麺は、瞬間的に油で揚げることにより、風味の確保、保存性の向上、細菌の繁殖を防ぐことができます。

流通チャネル別の市場構成

流通経路別では、スーパーマーケット・ハイパーマーケットが最大のシェアを持ち、主要なセグメントとなっています。スーパーマーケット・ハイパーマーケットでは、さまざまなブランド、タイプ、フレーバーの即席麺を簡単に手に入れることができます。コンビニエンスストア、オンラインストア、専門店、その他と続きます。

地域別の市場構成

地理的には、中国が世界の即席麺市場でトップの地位を占めています。麺類は中華料理に欠かせないものであり、この地域では即席麺の需要が高くなっています。中国に続いて、インドネシア、日本、インド、ベトナム、米国、韓国、タイ、サウジアラビアと続きます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]