産業用ガス市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

産業用ガス市場は、2020年に970億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約5%のCAGRで成長すると予想されています。

産業用ガスとは、産業プロセスで使用するために大量に生産されるガスのことです。これらのガスは、さまざまな分野での用途に応じて、燃料ガス、医療用ガス、冷媒ガス、特殊ガスとしても知られています。酸素やヘリウムなどの産業ガスは、人工呼吸患者の生命維持や最新の麻酔技術の基盤となっています。水素は運輸業に、酸素はガス化プラントや病院、製鉄所などに使用されています。また、液体ヘリウムは、磁気共鳴映像装置(MRI)で超伝導磁石のコイルスキャナを冷却するために利用されています。

市場の動向

近年、様々な産業用ガスの使用における技術革新が、市場の成長を後押ししています。例えば、放送・通信・気象衛星を搭載したロケットを宇宙に打ち上げるための推進剤として、液体酸素や液体水素が使用されています。これとは別に、大手企業は研究開発活動(R&D)に投資して、産業用ガスを生産し、世界中に配布するための新しい改良方法を開発しています。さらに、European Industrial Gases Associationなどのいくつかの国際的な非営利団体は、産業用ガスの生産、輸送、保管、利用に関する専門的なアドバイスをメーカーに提供しています。また、産業用ガス業界全体の安全、衛生、環境、技術基準の統一を推進しています。しかし、産業用ガスの需要と生産は、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延により、商業、輸送、産業活動の停滞の影響を受けています。

主要な市場区分

世界の産業用ガス市場は、タイプ別、アプリケーション別、供給形態別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

産業用ガスのタイプ別では、窒素が最も一般的です。窒素は、照明用混合ガス、石油化学製品の計測用ガス、校正用ガス、制御された大気圧および修正された大気圧の包装ソリューションなどの用途に広く使用されています。

アプリケーション別の市場構成

医療、エレクトロニクス、自動車、海洋、繊維などの分野で産業用ガスが広く使用されていることから、現在、製造用途が最大のシェアを占めています。

供給形態別の市場構成

現在、パッケージ型の産業用ガスが市場の大半を占めています。パッケージ型産業ガスは、携帯用の小型パッケージから大型のボンベまで、幅広いサイズがあり、汎用性、柔軟性、機動性に優れています。

地域別の市場構成

地域別では、アジア太平洋地域が市場のトップを占めています。これは、アジア太平洋地域の人口増加と、医療・ヘルスケア、食品・飲料業界の発展によるものです。

市場の競合状況

世界の産業用ガス市場における主要な企業としては、Air Liquide S.A.、Linde Group、Praxair, Inc.、Air Products and Chemicals, Inc.、Airgas, Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]