工業用触媒市場、2026年に256億米ドル規模到達見込み

市場の概要

工業用触媒市場は、2020年に207億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には市場規模が256億米ドルに達すると予想されています。

触媒とは、物理的あるいは化学的な変化を伴わずに、2つの物質間の化学反応を促進するために大量に使用される物質です。触媒は、化学プロセスを向上させ、コストとエネルギーの使用を最小限に抑えます。また、バイオディーゼル、エタノール、天然ガス、プロパンなどのクリーンな燃料用に改良された油分の生産にも役立ちます。その結果、石油化学生産、石油精製、ポリマー処理、環境保護反応、バルク化学物質の合成など、幅広い用途に使用されています。

市場の動向

石油業界では、製油所で行われるプロセスのほとんどが触媒を使用しているため、製品の収率を向上させるために触媒が使用されています。特に産業用や発電用の石油製品の需要が増加していることから、現在の市場は安定した成長を遂げています。これに加えて、有害物質の排出を最小限に抑えるために自動車の排ガス規制システムに使用される触媒コンバーターの製造も増加しています。これは、環境問題への関心が高まっていることに加え、各国の行政機関が厳しい規制を実施していることに起因します。さらに、自動車産業の急成長も工業用触媒市場の成長を後押ししています。さらに、世界各地の医薬品や食品加工産業では、触媒プロセスの改善に役立つナノ触媒の需要が高まっています。

主要な市場区分

世界の工業用触媒市場は、タイプ、原材料、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・不均一系触媒

・均一系触媒

・生体触媒

不均一系触媒は、市場において明らかに優位性を示しています。

原材料別の市場構成

・混合

・酸化物

・金属系

・硫化物

・有機金属

混合触媒がシェアの大半を占めています。

アプリケーション別の市場構成

・石油精製

・化学合成

・石油化学製品

・その他

現在のところ、石油精製が最大のシェアを占めています。

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

アジア太平洋地域は、現在、市場でトップの地位を占めています。

市場の競合状況

世界の工業用触媒市場における主要な企業としては、Albemarle Corporation、Arkema S.A.、BASF Corporation、Clariant AG、Evonik Industries AG、Exxon Mobil Chemical Corporation、Akzo Nobel N.V.、Chevron Phillips Chemical Company、The DOW Chemical Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]