埋め込み型医療機器市場、2026年に1,603億米ドル規模到達見込み

市場の概要

埋め込み型医療機器市場は、2020年に1,123億米ドルの価値に達しました。将来的には、2026年には1,603億米ドルに達すると予想されています。

医療用インプラントは、身体の特定の部位や生体構造全体を代替したり、その役割を果たしたりするために使用されるデバイスです。毎年、何千人もの人々が、移植可能な医療機器の固定または除去を伴う外科手術を受けることで、生活の質を高めています。現在、インプラントは、整形外科、ペースメーカー、心血管ステント、除細動器、神経補綴物、薬物送達システムなど、異なる機能のために身体の様々な部分に使用されています。インプラントは、外科的または医療的な方法で、完全または部分的に人体に導入されます。必要に応じて、永久的または一時的に埋め込まれ、後に取り外すことができます。人々の寿命が延びるにつれ、加齢に伴う病気の数が増加しています。そのため、新しい治療法、インプラント、人工関節、長期的な医薬品の使用など、様々な延命治療の需要がさらに高まっています。インプラントデバイスは、組織、金属、骨、プラスチック、皮膚、セラミックなど、さまざまな種類の材料で構成されています。

市場の成長要因

消費者の美意識や外見への関心の高まりを受けて、美容整形手術がますます一般的になってきており、これが埋め込み型医療機器の需要を牽引しています。さらに、歯科インプラント、胸部インプラント、三角筋インプラント、大腿部インプラント、乳房インプラント、人工内耳など、個人の美しさを高めるための技術革新が進んでいることも、これらの機器の需要増加につながっています。さらに、心不全、関節炎、運動障害、感覚障害、認知障害などの慢性疾患が増加し、患者の生活を維持するために様々な種類のインプラントが必要になっていることも、市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、先進国と発展途上国の両方で高齢者人口が増加していることから、様々な慢性疾患が増加しており、これらの製品の需要がさらに高まっています。

主要な市場区分

世界の埋め込み型医療機器市場は、製品タイプ、素材、エンドユーザーに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界の埋め込み型医療機器市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Biotronik、Boston Scientific Corporation、C. R. Bard, Inc.、Cardinal Health, Inc.、Conmed Corporation、Globus Medical, Inc.、Integra Lifesciences Holdings Inc, Integra Lifesciences Holdings Corporation、Johnson & Johnson、LivaNova PLC、Medtronic plc、Nuvasive, Inc.、Smith & Nephew Plc、St.Jude Medical, Inc.、Institut Straumann AG、Stryker Corporation、Wright Medical Group N.V.、Zimmer Biomet Holdings, Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]