I型ジョイスト市場、2026年に28億9,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

I型ジョイスト市場は、2020年に20億米ドルに達しました。今後、2021年から2026年の間に年率6.60%で推移し、2026年には28億9,000万米ドルに達すると予測されています。

I型ジョイストは、集成単板材やグレードの高い無垢材などの木材製品を組み合わせて作られたエンジニアードウッド製品です。木製Iビーム、複合木製根太、合板Iビームなどとも呼ばれ、ウェブとフランジの2つの部分で構成されています。ウェブは、上下のフランジの間に配置され、「I」の形をしています。フランジは曲げに抵抗し、ウェブは合板のパネルせん断能力と寸法安定性を利用してせん断応力の伝達を助けます。さらに、ウェブとフランジは、頑丈さと耐久性を兼ね備えた軽量の梁を生み出しています。

I型ジョイストの需要を拡大させている主な要因は、建設・不動産業界の著しい成長です。I型ジョイストは、軽量でありながら弾力性のある特性を持つため、壁のスタッドや屋根の垂木、床材の設置や屋根の骨組みに使用されます。I型ジョイストは、軽量でありながら弾力性があり、強度と剛性が高く、美しい外観と柔軟性を備えています。これは、その高い強度重量比に基づいており、長いスパンや構造で重い荷重を支えるのに役立ちます。また、温度、湿度、気圧などの環境条件が変化しても、無垢材に比べて収縮や膨張が少ないのも特徴です。さらに、経済的な根太のレイアウトを設計する際の選択肢が増えるとともに、施工も容易です。また、薄い木の層で構成されているため、配管や空調、電気工事の際に穴を開けやすくなっています。さらに、合板に比べて安価で強度があり、市場での入手も容易です。その結果、最近のメーカーは、配向性ストランド・ボード・ウェブ材料で準備されたI型ジョイストを好むようになっています。さらに、スマートシティの開発や、世界レベルでの居住空間のリノベーションの必要性の高まりも、市場の成長に貢献しています。

主要な市場区分

世界のI型ジョイスト市場は、セクター、新築・交換、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

セクター別の市場構成

・住宅用

・商業用

セクター別では、住宅部門が市場を支配しており、全体のシェアの大半を占めています。

新築・交換別の市場構成

・新築

・交換

アプリケーション別の市場構成

・床

・屋上

・その他

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米が市場の主導的地位を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]