ホームオートメーションシステム市場、2021年から2026年にかけて8.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ホームオートメーションシステム市場は、2020年に602億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は8.7%のCAGRで成長すると予想されています。

ホームオートメーション(スマートホームシステム)とは、安全性、快適性、省エネルギーのためにインテリジェントな技術を家庭に取り入れることです。これには、照明、暖房、換気、空調(HVAC)、およびセキュリティシステムの制御とコンピューター化が含まれます。デジタル化の進展に伴い、ホームオートメーションシステムに対する消費者の支出は増加しています。ホームオートメーションシステムは、ボタンを押すだけで、家中のさまざまな機能、家電製品、システムを制御、監視、自動化することができます。このようなホームオートメーションの進化は、操作の統合と集中管理をもたらし、ユーザーの生活をより快適で便利なものにしています。

ホームオートメーションシステムは、侵入者や自宅での活動をユーザーに通知し、潜在的な犯罪を防ぐのに役立つなど、さまざまな利点があるため、世界中で人気を集めています。また、エネルギー消費を最小限に抑え、作業効率を高めることができます。さらに、生活水準が向上し、手頃な価格のホームオートメーションソリューションが利用できるようになったことで、あらゆる所得層の消費者がこれらのシステムを自宅に設置するようになりました。さらに、これらのシステムではIoT(Internet of Things)が利用されており、家電製品からセキュリティシステムまで、あらゆるものをスマートホームデバイスで制御することができます。また、この技術は、コンピューター、タブレット、スマートフォンのインターフェースを使って、ユーザーが別の場所から自宅を監視することを可能にします。このような背景から、アップル、グーグル、マイクロソフト、サムスンなどの大手企業がホームオートメーション事業に投資しています。

主要な市場区分

ホームオートメーションシステム市場は、アプリケーション、タイプ、地域に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のホームオートメーションシステム市場における主要な企業は以下の通りです。

・シーメンスAG

・ハネウェルインターナショナル株式会社

・Johnson Controls, Inc.

・シュナイダーエレクトリックSE

・ルグランSA

・Ingersoll-Rand PLC

・ABB Ltd.

・Acuity Brands, Inc.

・サムスン電子株式会社

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]