広葉樹フローリング市場、2021年から2026年にかけて4.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

広葉樹フローリング市場は、2020年に434億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は4.5%のCAGRで成長すると予想されています。

広葉樹は、オーク、チーク、バルサ、メープル、ウォルナットなどの双子葉の花木に由来する木材の一種です。針葉樹に比べ、広葉樹はより複雑な構造を持ち、密度が高いため、商業施設や住宅の床材として広く利用されています。広葉樹のフローリングは、様々なスタイル、色、カット、樹種で生産されており、消費者に多様な機能とデザインを提供しています。木のユニークな外観と質感は、床に美的魅力を与えます。堅木の床は耐久性が高く、設置後も長持ちします。また、施工が簡単で、日常的なメンテナンスもほとんど必要ありません。埃や花粉、微粒子、その他のアレルゲンを繊維やグラウトラインに閉じ込めないため、掃除がしやすく、全体的な空気の質を高めるのに役立ちます。

市場の成長要因

市場の成長を牽引しているのは、主に建設業界の隆盛です。急速な人口増加に伴い、住宅設備への需要が高まっています。これに伴い、世界各地で住宅地の建設プロジェクトが活発化しています。これに伴い、各国の政府や民間の関係者は、高度なインフラ設備の開発に多額の投資を行っており、これも市場の成長を後押ししています。さらに、都市部を中心に、美しく洗練されたインテリアを求める傾向が強まっており、これがこれらの床材の売上拡大に貢献しています。さらに、メーカーは、消費者の多様な好みに応えるために、鮮やかな色や落ち着いた色を組み合わせた革新的なデザインの床材を発売しています。また、可処分所得の増加や生活水準の向上に加えて、既存の住宅や商業施設の改装やリフォームを行う傾向が出てきていることも、市場の成長を促進する要因の一つとなっています。

主要な市場区分

世界の広葉樹フローリング市場は、最終用途産業、原材料、地域に基づいて分類されています。

最終用途産業別の市場構成

・住宅分野

・商業分野

現在のところ、商業分野が市場において明らかに優位性を示しています。

原材料別の市場構成

・レッドオーク

・ホワイトオーク

・メープル

・その他

現在、レッドオークが市場の大半を占めています。

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

地域別では、北米が最大の市場シェアを占め、市場をリードしています。

市場の競合状況

世界の広葉樹フローリング市場における主要な企業としては、AHF, LLC、UNILIN、Beaulieu International Group、Classen、FRITZ EGGER GmBH & Co. OG、Formica Groupなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]