グアーガムパウダー市場、2026年に136万トン規模到達見込み

市場の概要

グアーガムパウダー市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、予測期間(2021年~2026年)に緩やかな成長を示し、2026年には136万トンの市場規模に達すると予測されています。

グアーガムパウダーは、インドやパキスタンでよく見られるグアーという植物から得られるもので、白から黄色がかった色をした流動性のある粉末で、わずかに匂いがあります。グアーガムパウダーは、非常に細かいテクスチャーを持ち、冷水と温水の両方に高い溶解性を持ち、優れた増粘能力を持っています。最近では、掘削会社が水の粘度を高めるためにグアーガムパウダーを利用しており、これはさらにタイトな岩層からの石油や天然ガスの抽出にも利用されています。       

グアーガムパウダーは、様々な産業分野で多くの用途があります。食品保存料として、多くの液体-固体システムの乳化、結合、保湿、増粘、安定化、懸濁化を行い、冷凍製品の氷の結晶の形成を防ぎます。また、ベーカリー製品の柔らかさやスポンジ性の付与、食感や構造の強化、保存性の向上、保湿性の向上などにも使用されます。これ以外にも、グアーガムパウダーは化粧品や医薬品に添加され、歯磨き粉やシャンプーの増粘剤、コンディショナー、粘度調整剤、錠剤のバインダー、穏やかな下剤や水溶性食物繊維として使用されています。また、グアーガムは、テキスタイルやカーペットの印刷において、染料溶液を増粘させ、より鮮明な印刷パターンを得るために使用されています。さらに、グアーガムパウダーの重要な用途の1つは、石油採掘、特に水圧破砕の分野です。グアーガムパウダーは、効果的なゲル化剤として機能し、優れた潤滑剤でもあるため、ゲルの塊を減らすために油井の刺激に使用されています。

主要な市場区分

世界のグアーガムパウダー市場は、グレード、機能、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

グレード別の市場構成

・食品

・工業用

・医薬品

機能別の市場構成

・増粘

・ゲル化

・結合

・摩擦低減

・その他の機能

グアーガムパウダーは、主に増粘剤として使用されています。

最終用途産業別の市場構成

・石油掘削

・食品産業

・紙・繊維

・製薬

・化粧品

・その他

最終用途別では、石油掘削分野が圧倒的なシェアを占めています。

地域別の市場構成

・アメリカ

・ドイツ

・インド

・その他

地域別では、米国が市場をリードしており、市場全体の大半を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]