ワカモレ市場、2021年から2026年にかけて7.6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ワカモレ市場は、2020年に10億2,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は7.6%のCAGRで成長すると予想されています。

ワカモレは、アボカドに刻んだトマト、タマネギ、チリペッパー、調味料などを混ぜた濃厚または半液体のペーストです。メキシコのアステカ人が作ったのが始まりですが、今では世界中で人気を博し、ディップや調味料、サラダの材料などとして様々な料理に使われています。

グローバル化の進展に伴い、ワカモレは様々な国の料理に使われるようになり、その需要は大幅に増加しています。さらに、ワカモレの摂取には多くの健康上の利点があります。アボカドは、ビタミン、ミネラル、脂肪が豊富に含まれています。また、食物繊維が豊富に含まれているため、健康的な食品として消費者に支持されています。さらに、ワカモレにはカリウムも含まれており、体内の水分バランスを正常に保つのに役立ちます。さらに、ワカモレには、健康を増進する強力な酸化物質と心臓に良い脂肪が豊富に含まれています。また、健康的な体重を維持し、腹部の膨満感を抑え、肌を生き生きとさせる効果もあります。 数々の健康上の利点に加えて、ワカモレ市場は、調味料やディップとして広く使用されている世界的なファーストフード産業の成長にも後押しされています。さらに、グローバル化、食習慣の変化、ソーシャルメディアの普及などの要因により、ワカモレの消費者層は、伝統的な市場である北米からヨーロッパやアジアの国々へと拡大しています。

主要な市場区分

世界のワカモレ市場は、形態、最終用途、パッケージタイプ、地域、流通チャネルに基づいて分類されています。

形態別の市場構成

・冷凍

・乾燥したもの

・既製品

最終用途別の市場構成

・食品加工業

・外食産業

・一般家庭

パッケージングタイプ別の市場構成 

・ガラス瓶

・プラスチック容器

・スタンドアップパウチ

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

流通チャネル別の市場構成

B to B

B to C

・スーパーマーケット/ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・オンライン

・その他

市場の競合の状況

世界のワカモレ市場で活動している主要な企業は以下の通りです。

・ホーリー

・Yucatan

・Sabra

・Calvio

・Salud Food Group

・ウエストファリア・フルーツ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]