屋外広告市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

最も古くからあるプロモーション形態の一つである屋外広告(OOH)は、広告主が公共の場で自社の製品やサービスを宣伝するために利用されています。広告は、ビルボードやポスター、バスシェルター、空港、ショッピングセンター、キオスク、スタジアム、バスや電車、タクシーの中や外などに掲載されます。屋外広告は、費用対効果が高く、長期間にわたって広範囲をカバーすることができる広告形態です。さらに、屋外広告は頻繁に訪れるオープンスペースに掲示されるため、消費者は常に屋外広告に触れることになります。その結果、組織は、リーチを拡大し、広告の想起価値を高めるために、屋外広告を他のメディアプラットフォームと組み合わせて採用しています。世界の屋外広告市場は2020年に386億米ドルの規模に達しました。

予測期間中、いくつかの要因が世界の屋外広告の成長を促進すると予想されています。特に新興国でのインフラ整備により、屋外広告に使用できるスペースが増加します。また、多くの人が公共交通機関を利用して通勤しているため、交通システムも屋外広告の収益性の高い手段となります。公共交通機関の近代化は、この市場の成長をさらに促進するでしょう。その他の要因としては、デジタル屋外広告の開始、小売業の成長、都市人口の増加などが挙げられます。今後、世界の屋外広告市場は、予測期間(2021年~2026年)に緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

世界の屋外広告市場は、セグメントを基準に、ビルボード、交通機関、ストリートファニチャー広告に分かれています。

タイプ別では、伝統的広告とデジタル広告に分かれています。

地域別では、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分かれています。

市場の競合状況

世界の屋外広告市場における主要なグローバルプレイヤーとしては、Storer Media、Clear Channel Outdoor、Lamar Advertising、JCDecauxなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]