キシリトール市場、2021年から2026年にかけて5.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

キシリトール市場は、2020年に9億2,100万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は5.8%のCAGRで成長すると予想されています。

キシリトールは糖アルコールの一種で、舌の甘味の受容体を刺激する作用があります。キシリトールは、多くの果物や野菜に少量含まれていることから、天然のものと考えられています。キシリトールは白い結晶状の粉末で、通常の砂糖と同じような甘さを持ちながら、カロリーは40%も低いです。キシリトールは、キシランと呼ばれる植物繊維がキシリトールに変換される工業的なプロセスを用いて製造することもできます。キシリトールを摂取すると、虫歯の原因となる唾液中のバクテリアの量を減らし、耳の感染症の原因となるバクテリアにも対抗することができます。

市場の成長要因

心血管障害、高コレステロール、肥満などの生活習慣病の増加に伴い、消費者の間でカロリー摂取に対する意識が高まっています。これが世界のキシリトール市場の成長を促進する主な要因となっています。さらに、健康的で経済的、かつ安全な砂糖代替品への需要が高まっており、これが市場の成長に寄与していると考えられます。さらに、消費者は通常の砂糖の代わりに天然由来の甘味料を摂取したいと考えており、これが世界全体のキシリトール需要をさらに押し上げています。市場の成長にプラスの影響を与えているその他の要因としては、急速な都市化や、消費者の無糖製品への嗜好の変化などが挙げられます。

主要な市場区分

世界のキシリトール市場は、形態、用途、地域に基づいて分類されています。

形態別の市場構成

・固体

・液体

市場は形態に基づいて、固体と液体に分類されています。

用途別の市場構成

・チューインガム

・菓子類

・医薬品・パーソナルケア

・その他

用途別では、チューインガムが最大のセグメントです。これは、世界的に砂糖を使わないチューインガムの需要が急速に高まっているためです。次いで、製菓、医薬品・パーソナルケアと続きます。

地域別の市場構成

・欧州

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、欧州、北米、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。このうち、欧州は主要市場であり、シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界のキシリトール市場における主要な企業としては、DuPont、Ingredion、Roquette、Cargill、Novagreen、Zuchem Inc.、Mitsubishi Shoji Foodtech、Thomson Biotech (Xiamen)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]