倉庫・貯蔵庫市場、2026年に5,760億米ドル規模到達見込み

市場の概要

倉庫・貯蔵庫市場は、2020年に4,430億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には5,760億米ドルに達すると予想されています。

倉庫・貯蔵庫は、在庫を効率的かつ円滑にセットアップするために、すべてのビジネスオーナーが必要とするものです。倉庫とは、完成品、原材料、半製品、輸出入品などを保管または蓄積するために使用される場所と定義することができます。必要なときに必要なだけ、エンドユーザーに提供するために、商品を保管する必要があります。製品のバリューチェーンの各段階で、一定量の商品が保管されます。マーケティングの成功には、商品を適切な状態で小売するための適切な手配が不可欠です。保管することで、組織は将来の需要を見越して生産を継続することができます。倉庫があれば、組織は年間を通して生産を継続し、十分な需要があるときはいつでも商品を販売することができます。一般的に、倉庫は、一般的な倉庫、農産物の倉庫、冷蔵倉庫の3つのカテゴリーに分けられています。

市場の動向

製造業、小売業、ヘルスケア、建設業、自動車、テクノロジーなど、倉庫の主要なアプリケーション分野は、今後数年間で継続的な成長を示すと予想されます。さらに、電子商取引分野の需要の増加も予想されます。ウェブベースのショッピングは人気を博しており、ほとんどすべてのタイプのお客様が利用する選択肢となっています。オンラインショッピングの出現により、先進国と新興国の両方で倉庫スペースに対する大きな需要が生まれています。さらに、冷凍食品の人気上昇に伴い、冷蔵倉庫の需要も増加しています。これは、冷凍食品が調理しやすく、健康的であり、市場で簡単に入手できるという事実に起因しています。さらに、最近のITや輸送分野の進歩も倉庫・貯蔵庫市場に好影響を与えています。ウェアラブル、センサー、無線識別タグなどの使用が増えていることも、商品の保管や輸送をより効率的にしています。

主要な市場区分

世界の倉庫・貯蔵庫市場は、種類、所有権、最終用途に基づいて分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]