音声認識市場、2021年から2026年にかけて19.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

音声認識市場は、2020年に99億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は19.5%のCAGRで成長すると予想されています。

音声認識とは、人間の声を受信して解釈し、音声による命令を実行することを支援する認証技術を指します。この技術は主に、コマンドを電気信号に変換し、それをコーディングパターンに変換し、デジタルフォーマットでデバイスに送り返して最終的に実行するという原理で動作します。この技術は数十年前に開発されましたが、処理能力の向上とネットワーク接続性の改善により、最近ではモバイル機器やその他の家電製品に導入されています。この傾向は、Apple Siri、Amazon Alexa、Google Assistantなどの人工知能(AI)や仮想アシスタントの利用が増加していることと相まって、電子機器業界におけるこのソフトウェアの需要を増大させています。

市場の動向及び成長要因

ライフスタイルの変化、インターネット普及率の上昇、消費者のメディア・娯楽・モバイルコミュニケーションへの支出の増加などを背景に、タブレット、ラップトップ、スマートフォンなどの電子機器に音声認識ソフトウェアがプリインストールされている製品の販売が増加しています。さらに、市場での地位を維持するために、さまざまな開発者が音声認識ソフトウェアをアップグレードし、革新的な製品を発表しています。例えば、Google社は最近、ユーザーと自然な会話を行い、予約をサポートする「Google Duplex」の発売を発表しました。また、交通事故の増加に伴い、世界各国の政府は、運転中に携帯電話を使用しないようにするための厳しい交通安全規制を実施しています。その結果、ユーザーは運転中に携帯電話でさまざまなタスクを実行するために、音声コマンドを利用することを好むようになりました。さらに、安全性への関心の高まりと、モバイルバンキングにおける強力な認証プロセスの必要性から、多くの銀行が取引を受け入れるために音声ベースの認証ソリューションを採用しており、これが市場の見通しを明るくする要因となっています。

主要な市場区分

世界の音声認識市場は、技術、展開モード、提供方法、最終用途に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界の音声認識市場における主要な企業としては、Nuance Communication、Microsoft、Google、IBM、Baidu、Facebook、Apple、Amazon、Advanced Voice Recognition Systems、M2SYSLLC、Sensory、BioTrust ID B.V.、Voiceebox Technologiesなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]