バーチャルリアリティヘッドセット市場、2021年から2026年にかけて28%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バーチャルリアリティヘッドセット市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に28%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

バーチャルリアリティ(VR)ヘッドセットは、基本的に、デバイスを装着した個人にバーチャルリアリティを提供するヘッドマウント・デバイスです。バーチャルリアリティヘッドセットは、ビデオゲームで広く使用されていますが、シミュレータやトレーナーなど、他の多くの用途にも広く使用されています。バーチャルリアリティヘッドセットは、立体的なヘッドマウントディスプレイ(両目に別々の画像を表示)、ステレオサウンド、ヘッドモーショントラッキングセンサーなどで構成されています。 ゲームは、バーチャルリアリティヘッドセットの最大のアプリケーションの1つです。また、ゲーム以外にも、軍事、家電、自動車、不動産、医療などの分野でも広く採用されています。

市場の動向

ほとんどのバーチャルリアリティヘッドセットは、コンテンツを表示するためにスマートフォンに依存しており、専用に開発された数多くのアプリケーションを利用しているため、スマートフォンの普及率の増加は、バーチャルリアリティヘッドセットの需要を促進する大きな要因となっています。 また、先進国、途上国を問わず、ミレニアル世代の間でバーチャルリアリティゲームの人気が高まっており、これがバーチャルリアリティアプリケーションの需要拡大につながっています。また、防衛分野では、フライトシミュレーションや戦場シミュレーション、医療トレーニング、車両シミュレーション、バーチャルブートキャンプなど、様々な用途でバーチャルリアリティが利用されています。さらに、デジタルエンタテインメントやデジタルメディアの利用が増加していることも、バーチャルリアリティヘッドセットの需要を押し上げる要因になると考えられます。例えば、映画製作者、プロスポーツリーグや団体、音楽業界、アダルトエンタテインメント業界などでも、顧客層を拡大するためにバーチャルリアリティ技術の導入が進んでいます。これとは別に、さまざまなメーカーが、ボタン、NFCチップ、Bluetooth接続などの追加機能を、組み立てられたバーチャルリアリティヘッドセットキットに組み込んでいます。さらに、バーチャルリアリティヘッドセットの製造は、メーカーにとっても消費者にとっても経済的です。なぜなら、これらのデバイスの製造に使用される部品は低コストで入手でき、その製造には重機が必要ないからです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]