UHT牛乳市場、2026年に1,471億リットル規模到達見込み

市場の概要

UHT牛乳市場は、2020年に1,183億リットルの規模に達しました。今後、2026年には1,471億リットルの市場規模に達すると予想されています。

超高温(UHT)牛乳は、超高温処理技術を用いて殺菌され、胞子や細菌を死滅させます。この技術は、人間の消費に必要な必須栄養素やビタミンの保存にも役立ちます。UHT牛乳は、揮発性硫黄化合物の存在により、調理または加熱された風味と茶色の変色があります。冷蔵保存の必要性が少なく、保存期間が長く、煮沸せずにそのまま飲むことができるため、世界中で需要が高まっています。

市場の成長要因

現在、冷蔵スペースが限られている、またはごくわずかなアパート文化が増加しています。これに加えて、多忙なスケジュールをこなす労働人口が大幅に増加していることが、世界中でUHT牛乳の需要を促進する主な要因の一つとなっています。さらに、UHT牛乳は室温で最大6ヶ月間保存できるため、冷蔵設備への投資の必要性を最小限に抑えることができます。そのため、特に発展途上国の小規模なレストランや飲食店チェーンで絶大な人気を博しています。また、電力問題が深刻な国では、生乳よりもUHT牛乳が広く好まれています。さらに、UHT牛乳の主要メーカーは、消費者層を拡大するために、オーガニック製品、フレーバー製品、ラクトースフリー製品などの導入に注力しています。また、急速な都市化、所得水準の向上、UHT牛乳のメリットに対する一般消費者の意識の高まりなどの要因も、市場を牽引すると予想されます。

主要な市場区分

世界のUHT牛乳市場は、タイプ別、流通チャネル別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・ホール

・セミ・スキムド

・スキムド

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・専門店

・オンラインストア

・その他

地域別の市場構成

・欧州連合(EU)

・アジア

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・東欧

・中近東・アフリカ

欧州連合(EU)では、UHT牛乳の生産と流通が従来の牛乳よりも容易であることから、市場で主導的な地位を占めています。

市場の競合状況

世界のUHT牛乳市場における主要な企業としては、Lactalis International、Nestlé S.A.、Fonterra Co-operative Group Limited、Danone S.A.、Arla Foods Amba、Royal FrieslandCampina N.V.、Dairy Farmers of America Inc.、Saputo Inc.、Dean Foods、Yili Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]