UAVペイロードおよびサブシステム市場、2021年から2026年にかけて7.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

UAVペイロードおよびサブシステム市場は、2020年に87億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は7.5%のCAGRで成長すると予想されています。

UAV(Unnamed Ariel Vehicle)やドローンは、ドローン本体の重量に含まれない余分な重量を不可欠なものとしています。この重量には、追加のカメラやセンサー、配送用の荷物などが含まれます。ビジネスドローンに必要なペイロードには、主にGPS、追加データの遠隔測定、LiDARなどがあります。技術の進歩に伴い、軍事部門だけでなく、商業ユーザーも、サービスやアウトプットを強化するためにドローンを活用することが増えています。ペイロードの大きさと重さは、ドローンの重量によって決まります。より重いドローンは、大きなペイロードを運ぶことができます。ペイロードおよびサブシステムの需要は、ドローンの人気の高まりと並行して増加しています。

市場の成長要因

先進国、発展途上国を問わず、監視・通信システムの向上、救助活動の効率化、データの収集・管理など、さまざまなタスクにドローンの有用性が求められています。これらの作業を行うためには、センサー、通信システム、電子機器など、さまざまなペイロードが必要となります。

永続的な監視システム、電子的な対抗手段、通信には多くの改良が加えられています。これに伴い、捜索・救助活動を目的としたUAVの使用も増加しています。

UAVの軍事・防衛活動への導入が進んでいます。軍需産業は、監視、情報、イメージング、マッピングの検出、および武器の運搬のためのペイロードおよびサブシステムへの支出を増やしています。

UAVペイロードおよびサブシステム市場は、農業、小売業、メディア、エンターテイメントなどの分野でUAVが頻繁に使用されていることから、顕著な成長を見せています。商業ユーザーは、UAVを使用することで、写真の出力を向上させています。

主要な市場区分

世界のUAVペイロードおよびサブシステム市場は、タイプ別、サブシステム別、アプリケーション別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・カメラ・センサー

・ウェポンリー

・レーダー・通信

・その他

現在、カメラとセンサーが最大の市場シェアを占めています。

サブシステム別の市場構成

・地上管制局システム

・信号伝送システム

・推進システム

現在、地上管制局システムが主要なセグメントとなっています。

アプリケーション別の市場構成

・軍事用

・家庭用

現在、軍事用が最大のセグメントとなっています。

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

北米は最大の市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

UAVペイロードおよびサブシステム市場における主要な企業としては、AeroVironment、Boeing、Elbit Systems、BAE Systems、Northrop Grumman Corporation、Harris Corporation、CACI International、Rheinmetall AG、ThalesRaytheonSystems、Lockheed Martin Corporation、Israel Aerospace Industries、General Dynamics Corporation、GA-ASI、Raytheon、Textron Systemsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]