ストーンペーパー市場、2021年から2026年にかけてCAGR 2.6%で成長見込み

市場の概要

ストーンペーパー市場は、2021年から2026年の間にCAGR 2.6%で成長すると予測されています。

ストーンペーパーは、強度と耐久性に優れていることで知られており、炭酸カルシウムと高密度ポリエチレン(HDPE)の組み合わせから製造されています。文房具、雑誌、書籍、壁紙、リーフレット、ポスター、バッグ、パッケージ、接着剤、プレート、トレイ、容器などに使用されています。ストーンペーパーは、無毒、食品安全、耐火性、再利用可能、防水性、FDA規格に準拠しており、大気汚染もありません。その結果、様々な分野で多くの用途が見出されています。

市場の成長要因

世界のストーンペーパー市場の成長を促している主な要因の一つは、森林破壊への懸念が高まり、代替紙の使用が促進されていることです。森林破壊を抑制するための環境に優しい取り組みは、市場の成長にプラスの影響を与えています。また、高品質で効率的なラベリングのニーズが拡大していることから、パッケージや文房具業界の成長も市場に影響を与えています。さらに、炭酸カルシウムやその他の有機化合物を用いた製造技術の研究開発が進んでいることも、ストーンペーパーの需要を促進する要因となっています。

主要な市場区分

世界のストーンペーパー市場は、アプリケーション別及び地域別に分類されています。

アプリケーション別の市場構成

・紙製パッケージ

・ラベリングペーパー

・自己接着紙

・その他

アプリケーション別では、紙製パッケージが最大のセグメントとなっています。

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

地域別では、アジア太平洋地域が最大の市場となっています。

市場の競合状況

世界のストーンペーパー市場における主要な企業としては、Stone Paper Company Ltd.、Kapstone Paper、Gaia-Concept BV、Taiwan Lung Meng Technology Co. Ltd.、Sòluz Stone Paper S.A.、Packaging Corporation、Parax Paperなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]