口腔内潰瘍治療市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

口腔内潰瘍治療市場は、2021年から2026年の間に約4%のCAGRで成長すると予測されています。口腔内潰瘍は、口の中にできる痛みを伴うただれです。口腔内潰瘍は痛みを伴い、飲食や歯磨きの際に不快な思いをすることがあります。不快ではありますが、ほとんどの口腔内潰瘍は無害であり、2、3日から2週間以内に自然に治ります。口腔内潰瘍は通常、円形または楕円形のただれで、口の中の頬、唇、舌にできます。口腔内潰瘍の色は、白、赤、黄色、または灰色で、腫れています。

口腔内潰瘍を引き起こす主な要因としては、ストレス、感染症、怪我、アレルギー、ジャンクフードやタバコの多量摂取などの不健康なライフスタイルなどが挙げられます。口腔内潰瘍の発生率の増加に伴い、口腔内潰瘍治療薬の市場も大きく成長しています。また、最新の治療法に対する意識の高まり、高齢者の増加、治りが早くて使いやすい製品の登場などの要因も、市場に好影響を与えています。

主要な市場区分

剤形に基づいて、口腔内潰瘍治療市場はジェル、スプレー、マウスウォッシュ、ロゼンジに分類されています。

薬効分類別では、コルチコステロイドが最大のセグメントを占めています。その他のセグメントには、麻酔薬、鎮痛剤、抗菌剤、抗ヒスタミン剤などがあります。

効能別では、アフタ性口腔内潰瘍、口腔扁平苔癬、その他に分類されています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。

市場の競合状況

口腔内潰瘍治療市場における主要な企業としては、Blistex社、Church & Dwight社、3M社、Colgate-Palmolive社、GlaxoSmithKline, Plc.社、Bristol Myers Squibb社、Pfizer社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]