作物保護化学薬品市場、2026年に639億米ドル規模到達見込み

市場の概要

作物保護化学薬品市場は、2020年に532億1,000万米ドルの価値に達しました。将来的には、2026年には639億米ドルに達すると予想されています。

作物保護化学薬品は、農作物に被害を与える植物の病気や雑草、その他の害虫を管理し、最小限に抑えるのに役立ちます。また、農作物の収穫量の増加と維持にも役立ちます。作物保護化学薬品は、主に除草剤、殺虫剤、殺菌剤に分類されます。以前、農家はヒ素や水銀塩などの無機化合物を使って昆虫や菌類の侵入を防いでいました。現在では、鳥や昆虫、ネズミ、バクテリアなどによる被害から作物を守るために、何百種類もの化学物質が使用されています。作物保護化学薬品の重要性は、ここ数十年の間に著しく高まっており、その背景には、農業生産高を向上させ、増加する世界人口に十分な食料を確保する必要性があります。

現在、世界の人口は約76億人ですが、2050年には90億人を超えると予想されています。さらに、都市化が進み、都市に住む人が地方に住む人に比べて多くなっているため、耕作可能な土地の量も減少しています。作物保護化学薬品は、今後数年間、農業の生産性向上に大きな役割を果たすことが期待されています。これらの化学物質は、収穫量を減少させる害虫を駆除することにより、農業の収穫量を最大化し、その結果、1エーカーあたりの生産量が増加し、森林や原生の草原、湿地、平原、その他の野生生物の生息地などの自然地域を農地に転換する必要性を低減することが期待されます。

除草剤などの作物保護化学薬品は、不耕起栽培を可能にし、土壌にほとんど手を加えないことで浸食を減らすことができます。不耕起栽培では、除草剤を使って雑草を駆除することができるため、耕作の必要がありません。また、作物の残留物は、水生生物の生息地や下流の淡水供給に影響を与える可能性のある農薬や土壌の流出を防ぎます。

物保護化学薬品のもう一つの大きなメリットは、感染性昆虫の防除です。家畜には、病気を引き起こしたり、噛まれて痛い思いをしたり、ストレスを与えたりするハエなどの様々な害虫がいます。殺虫剤はこれらの害虫を駆除するために大きな役割を果たしており、その結果、家畜は飼料をより効率的に肉やミルクに変えることができ、収益性を高めることができます。

また、作物保護化学薬品は、外来種の害虫の繁殖を抑えるためにも使用されています。例えば、除草剤は沼地や湿地の雑草であるムラサキウマゴヤシの駆除に非常に効果的であることがわかりました。同様に、除草剤は道路沿いや農地のカナダアザミやジョンソングラスにも有効でした。

作物保護化学薬品も高品質の穀物や飼料の生産に大きな役割を果たしています。例えば、殺虫剤はアルファルファの作物を虫や病気から守ります。これがなければ、乳牛の重要な食事条件であるタンパク質含有量や収穫量の大幅な減少につながります。

主要な市場区分

世界の作物保護化学薬品市場は、製品タイプ、原産地、作物の種類、形態、用途などに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・除草剤

・殺菌剤

・殺虫剤

・その他

原産地別の市場構成

・合成

・天然

作物の種類別の市場構成

・穀類と穀物

・果物と野菜

・油糧種子および豆類

・その他

形態別の市場構成

・液体

・固体

用途別の市場構成

・葉面散布

・種子処理

・土壌処理

・その他

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の作物保護化学薬品市場における主要な企業としては、BASF SE、Corteva Agriscience、住友化学株式会社、Syngenta AG、Bayer Cropscience AG、FMC Corporation、Monsanto Company、Nufarm Limited、ADAMA Agricultural Solutions Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]