オルタネーター市場、2021年から2026年まで4.1%のCAGRで成長見込み

市場の概要

オルタネーターの市場規模は、2020年に172億米ドルに達しました。今後、2021年から2026年の間に4.1%のCAGRで市場が成長すると予測されています。

オルタネーターとは、機械的エネルギーを電気的エネルギーに変換する装置です。オルタネーターの動作原理は、ファラデーの電磁誘導の法則に基づいており、磁界に囲まれた導体に相対的な動きがあると電流が誘導されます。オルタネーターは、発電機、自動車、船舶、ガス、石油産業、発電所などで使用されています。

市場の成長要因

自動車、ガス、工業生産など、さまざまな分野で交流の消費が増加しているため、オルタネーターの需要は世界的にプラス成長を遂げています。また、発展途上地域における送電網インフラへの投資が拡大していることも、成長を促す重要な要因となっています。また、現代の自動車には、エンジンで駆動して交流を供給するオルタネーターが搭載されています。可処分所得の増加と贅沢なライフスタイルの普及により、自動車の販売台数は年々増加しています。さらに、工業化の進展とコージェネレーションの成長が新たな機会をもたらし、オルタネーターにとって魅力的な市場を生み出しています。

主要な市場区分

オルタネーターの世界市場は、タイプ、電圧、定格電力、用途、速度、重量、最終用途、使用燃料、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・同期式オルタネーター

・電磁式(誘導式)オルタネーター

・永久磁石式オルタネーター

現在、同期式オルタネーターが市場を支配し、最大のシェアを占めています。

電圧別の市場構成

・220V-440Vオルタネーター

・440V以上のオルタネーター

・220V未満のオルタネーター

電圧別に見ると、220-440Vのオルタネーターが最大のセグメントで、市場の大半を占めています。

定格電力別の市場構成

・<1kW未満

・1kW-5kW

・5kW-50kW

・<50kW-500kW未満

・500kW-1500kW

・1500KW-5000KW

・>5000kW以上

現在、1500kW-5000kWのセグメントが市場シェアの大半を占め、リーディングセグメントとなっています。

用途別の市場構成

・産業用

・自動車・輸送機器

・発電機

・待機電力

・海洋・石油・ガス

用途別では、産業用が市場の大半を占めています。次いで、発電機、待機電力、海洋・石油・ガスと続きます。

速度別の市場構成

・低速オルタネーター

・中速オルタネーター

・高速オルタネーター

・超高速オルタネーター

オルタネーター市場は、速度に応じて、低速、中速、高速、超高速に分けられています。現在、市場では高速オルタネーターが明らかに優位性を示しています。

重量別の市場構成

・低重量オルタネーター

・中重量オルタネーター

・高重量オルタネーター

オルタネーター市場は、重量によって、低重量、中重量、高重量に分類され、低重量オルタネーターが市場を支配しています。

最終用途別の市場構成

・産業用

・商業用

・住宅用

現在、産業用が世界市場の大半を占めています。

使用燃料別の市場構成

・化石燃料

・自然燃料

燃料別に見ると、ディーゼル、ガス、石炭などの化石燃料が最大のセグメントを占めていることがわかります。次いで、風力、水力、太陽光などの自然燃料が続きます。

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・欧州

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米、アジア太平洋、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。その中でも、アジア太平洋地域は主要市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界のオルタネーター市場における主要な企業としては、Stamford、Leroy Somer、Mecc Alte、Valeo、Denso、HHIなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]