バイオシミラー市場、2021年から2026年にかけて21%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バイオシミラー市場は、2020年に77億米ドルの規模に達しました。この市場は、ブロックバスター生物学的製剤の特許切れ、低価格化、慢性疾患の増加、政府や第三者支払機関によるコスト削減の取り組みなど、さまざまな要因によって牽引されています。これらの要因により、2021年から2026年の間に市場は21%のCAGRで成長すると予想されています。

バイオシミラーとは、フォローオンバイオロジクスとも呼ばれ、基準となる生物学的製剤に極めて類似した生物学的製剤を指します。バイオシミラーは、生体や細胞を用いて製造され、複雑な分子構造を持っています。生物学的製剤の特許が切れると、メーカーはバイオシミラーの製造を開始するために規制当局の承認を必要とします。バイオシミラーと呼ばれるためには、生物学的製剤が品質、安全性、有効性の点で類似していることが証明される必要があります。ジェネリック医薬品と比較して、バイオシミラー医薬品は製造プロセスが複雑で、研究開発に多額の投資を必要とするため高価です。

市場の推進要因及び制約要因

長年にわたり、いくつかのブロックバスター生物学的製剤の特許が切れており、さらに今後数年間でいくつかのブロックバスター製剤が特許切れになると予想されています。このことは、近い将来、バイオシミラーメーカーにとって大きなチャンスとなることが予想されます。

また、政府や第三者機関によるコスト削減の取り組みにより、ブランドの生物製剤よりもバイオシミラーの使用が促進されており、バイオシミラーの需要が高まっています。

バイオシミラーの需要を促進するその他の要因としては、費用対効果の高さ、慢性疾患(自己免疫疾患や癌など)の罹患率の上昇、高齢者の増加などが挙げられます。

一方、バイオシミラー市場の成長を妨げる要因もあります。これには、医師からの否定的な認識、特許延長、低分子ジェネリック医薬品と比較した場合の価格差などがあります。

主要な市場区分

世界のバイオシミラー市場は、分子、適応症、製造タイプ、地域に基づいて分類されています。

分子別の市場構成

・インフリキシマブ

・インスリン グラルギン

・エポエチンアルファ

・エタネルセプト

・フィルグラスチム

・ソマトロピン

・リツキシマブ

・フォリトロピン・アルファ

現在、インフリキシマブが最大のシェアを占め、市場を支配しています。

適応症の市場構成

・自己免疫疾患

・血液疾患

・糖尿病

・腫瘍学

・成長障害

・女性不妊症

適応症別では、自己免疫疾患が市場全体の大半を占めています。

製造タイプ別の市場構成

・自社製造

・委託製造

市場は、製造のタイプによって、自社製造と受託製造に分けられます。その中でも、自社製造が市場シェアの大半を占めています。

地域別の市場構成

・アメリカ

・ドイツ

・フランス

・イタリア

・スペイン

・イギリス

・日本

・インド

・韓国

・その他

市場の競合状況

世界のバイオシミラー市場で活動している大手企業は以下の通りです。

・ノバルティス

・ファイザー

・テバ

・セルトリオン

・メルク・アンド・カンパニー

・サムスンバイオエピス

・イーライリリー

・バイオコン

・ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ

・アムジェン

・ベーリンガーインゲルハイム

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]