浴用石鹸市場、2021年から2026年にかけて4.6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

浴用石鹸市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に4.6%のCAGRで市場が成長すると予測されています。

浴用石鹸は、苛性ソーダや苛性カリなどのアルカリと、グリセリン、動物性または植物性の油脂、プロピレングリコール、アラントイン、ラウレス硫酸ナトリウム(SLS)、トリエタノールアミンなどで構成されています。毛穴の詰まりを解消し、汚れを落とし、肌を整える効果があります。粉末、棒状、フレーク状、液体などの形態があり、個人の衛生状態を総合的に維持するのに役立つことから、浴用石鹸の需要は世界的に高まっています。

市場の動向及び成長要因

汚染レベルの著しい上昇により、感染性の汚染物質から肌を守るために、世界中で浴用石鹸の利用が増加しています。これは、市場にプラスの影響を与えている重要な要因の一つです。また、オーガニック成分やビーガン成分を使用した環境に優しい浴用石鹸が簡単に入手できることも、市場の成長を後押ししています。さらに、大手企業は、製品ポートフォリオを拡大するために、魅力的で生分解性のあるパッケージを備えた革新的な製品の発売に注力しています。これらの企業は、生活水準の向上や個人の衛生に関する大衆の意識の高まりを受けて、エキゾチックな成分を使用したプレミアム製品のバリエーションも発表しています。さらに、ブランドの存在感を高め、全体的な売上を拡大するために、有名人の起用など、魅力的なプロモーションキャンペーンへの投資も積極的に行っています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の増加は、世界各地のオンライン販売チャネルを通じた入浴剤の販売にプラスの影響を与えています。これは、多くの国で厳しい監禁規制が実施され、社会的に距離を置く措置を取る必要性が急増していることに起因しています。

主要な市場区分

世界の浴用石鹸市場は、製品タイプ、形態、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・プレミアム製品

・マス製品

現在、プレミアム製品に比べて手頃な価格のマス製品が市場全体のシェアの大半を占めています。

形態別の市場構成

・固形浴用剤

・液状浴用剤

現在は、環境にやさしいパッケージの固形入浴剤が最大のシェアを占めています。

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・薬局

・専門店

・オンライン

・オフライン

現在、入浴剤は、24時間営業のコンビニエンスストアでの販売が増加しています。

地域別の市場構成

・アジアパシフィック

・欧州

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

現在、アジア太平洋地域は、人口の大幅な増加に伴い、市場でトップの地位を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]