欧州のビデオ内視鏡市場、COVID19パンデミックの影響下にも関わらず増加傾向 4Kテクノロジー技術への変換によって市場の成長は推進

2020年、欧州のビデオ内視鏡の市場規模は、COVID19パンデミックの影響下にも関わらず、2019年の6億6700万ユーロから1.3%増加し、6億7500万ユーロ超となりました。さらに、2027年には8億4600万ユーロを超えると予測されています。

欧州のビデオ内視鏡市場で61%以上のシェアを占めていたのは、Karl Storz、オリンパス、Strykerの3社でした。

ビデオ内視鏡​​市場は、第1四半期と第2四半期に大幅な売上減少を経験しましたが、資本設備市場の購買動向により、全体的な年間売上高はそれほど大きな影響を受けませんでした。

大型プロジェクトは数年前に契約交渉が行われることが多く、その結果、COVID-19の影響が最も大きかったのは建設の遅れでした。病院や施設のキャパシティが管理可能なレベルに安定してきたため、建設も再開され始めています。

EUビデオ内視鏡市場の動向

ビデオ内視鏡市場の成長は、主にHDインストールベースの4Kテクノロジーへの変換によって推進されてきました。4K手術用カメラは、HDを上回る画質を実現します。4Kの解像度はHDの4倍のピクセル数を特徴としており、ズーム機能が強化され、低侵襲手術など、手術中外科医が組織を直接見ることができない状況において有益です。

カメラ制御部、画像管理装置、光源が一体となった、コンビネーションコンソールの存在は、画像管理装置市場を圧迫しています。この登場により、個々の機器の販売が制限される可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]