ペースメーカーの市場規模、2025年には26億米ドルに到達見込み EUでの無鉛ペースメーカー機器採用の遅れが市場成長を抑制

ペースメーカーおよびペースメーカー手術の市場規模は、2020年までに22億6000万米ドルと評価され、年間45万件以上のペースメーカー手術が行われました。今後、市場規模はさらに拡大し、2025年には26億米ドルに達すると予想されています。

ペースメーカー企業は全世界で70カ以上の国に存在します。

ペースメーカー市場の洞察

心臓のリズム管理とアブレーション市場では、常に新しい技術が登場しています。ペースメーカーの機能と使用される電池寿命は過去10年間で進歩しています。今後、ワイヤレス技術により、医師によるペースメーカーの機能を維持・調整することが容易になると予想されています。また、新技術の導入により、販売価格が高く維持され、機器の販売台数も増加すると予想されます。

ペースメーカーの市場は米国により支配されており、2025年にはその市場総額が20億米ドルに達すると予想されています。しかし、企業の競合環境が厳しく、今後、米国市場の成長率が鈍化することが予想されます。欧州はペースメーカーの第2位の市場で、2025年の市場総額は4億1100万ユーロに達すると予想されています。EUでは無鉛ペースメーカー機器の採用が遅れており、全体の成長率に影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]