インターベンショナルカーディオロジー市場:心血管疾患(CVD)により毎年400万人超が死亡、欧州では全死亡者数の約45%を占める

インターベンショナルカーディオロジー(Interventional Cardiology)とは、米国の死因の第一位である冠動脈疾患を治療するためにカテーテルを使用する低侵襲な技術です。これらの処置により、心臓は毎日約3000ガロンの血液を最高の状態で動かし続けることができます。European Heart Journalによると、心血管疾患(CVD)は毎年400万人以上の死因となっており、欧州では全死亡者数の約45%を占めています。

COVID-19のインターベンショナルカーディオロジーへの影響

2020年までのインターベンショナルデバイスの市場規模は31億7000万米ドルと評価されています。しかし、最近のCOVID-19の発生により、手術の延期が大規模に発生し、米国の市場規模は2020年には26億米ドル近くまで縮小すると予想されています。 この延期は、COVID-19患者の急増を見越して、限られたリソースの使用を最小限に抑えることを目的としています。これらの延期により、2020年の3月と4月には2019年から比較して最大65%の減少が見られました。患者は病院に行くことを恐れるようになり、命に関わる状況であっても自宅で待機するようになりました。一方で、2022年初頭には市場の本格的な回復が期待されています。

手術の大量延期の結果

心臓カテーテル検査施設長を対象とした最新の調査によると、2020年3月15日から4月15日までの月次経皮的冠動脈インターベンション(PCI)ボリュームの中央値は0から500で、2019年のボリュームから55%減少しています。さらに、同期間の月次TAVR(経カテーテル大動脈弁置換術)ボリュームの中央値は0から40であり、これは2019年と比較して64%の大幅な減少でした。

アンギオグラム(血管造影法)の延期に関しては、インターベンション循環器専門医の62%が、核灌流スキャン、冠動脈CTアンギオグラフィー、ストレス心エコーなどの代替画像検査を使用する可能性が高いとの報告がありました。また、同14%が肺動脈カテーテル検査や心嚢穿刺を行う可能性が高いとの報告があります。結果として、術後の同日退院を46%増加させることができました。

また、循環器内科医によると、ST上昇型心筋梗塞(STEMI)の遅発性患者が見られるようになってきたことも報告されています。これらの結果は、パンデミック時の病院外心停止の増加によるもので、患者は、そのような状況で救命処置が先延ばしになることを恐れています。同様に、TAVR処置を待っている患者の死亡率はパンデミック中に増加しました。医療機関は安全対策を強化し、安全な治療環境を整えるために必要な予防措置を講じていましたが、予定の立たない延期は全体の取り組みに悪影響を及ぼしました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]