米国の輸液療法器の市場規模、2020年の29億米ドルから2026年には35億米ドルに到達予測 代替・在宅市場に今後の需要を見出す

米国の輸液療法器の市場規模は、2020年までに29億米ドルに達し、一次輸液セットの販売台数は2億3000万台を超えました。その後、市場規模は2.6%の成長率で拡大し、2026年には35億米ドルに達すると予測されています。

市場価値と業界動向

輸液療法器市場は比較的安定した成熟市場です。そのため、今後の市場の成長は、販売台数の微増にとどまると予想されます。輸液ポンプと輸液セットは、市場の2大セグメントであり、設置台数、販売台数ともに飽和状態にあります。輸液療法は確立した医療行為であるため、拡大の余地は多くありません。成熟市場において、成長を促進する一般的な方法は、高機能を備えたプレミアム価格の製品を提供することです。しかし、輸液療法器市場では限られた成功を収めているに過ぎません。

市場成長の顕著な部門の1つに、代替・在宅輸液療法器市場があります。患者が代替医療環境で治療を受けることが一般的になってきており、同部門の輸液療法製品の需要が増加しています。特に、代替・在宅輸液療法で使用される機会が増加していることから、輸液セットと輸液ポンプは恩恵を受けています。一般的に代替施設では、病院などの急性期医療施設と比較して装置当たりのコストが高くなります。需要の増加に加えて、このことも、市場の促進要因となっています。

COVID19の米国の輸液療法市場への影響

COVID-19パンデミックは、2020年前半から米国の輸液療法市場に大きな影響を与え始めました。特に病院へのアクセスが限られている時期は、輸液ポンプの販売・設置が困難なため市場が急落しました。

さらに、多くの医療現場では、支出の削減、あるいはCOVID-19の治療に直接役立つ医療分野に機器を転用することが予測されます。ポンプ類の多くは、新しいデバイスの購入を1年以上延期する可能性があります。全体として、米国の輸液療法の市場規模は、2021年後半から2022年初頭にCOVID19以前のレベルに回復すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]