欧州の腹腔鏡デバイスの市場規模、2020年の21億ユーロから2026年には22億ユーロに成長予測 ロボット支援技術が市場成長の抑制要因に

欧州の腹腔鏡装置による手術は、180万件にのぼり、その規模は2020年の21億ユーロから2026年には22億ユーロに達し、CAGR1%で成長すると予測されています。

腹腔鏡装置市場は、主に腹腔鏡の継続的な採用とそれに伴う手術件数の増加によって牽引されています。腹腔鏡の手術件数は、開腹手術に費用面のメリットがあるにもかかわらず増加しております。一方で、新たなロボット支援技術により、同市場の成長は制限されています。全体的には、COVID19パンデミックにより手術件数が減少し、世界的な医療危機に陥っています。

手術件数の減少は、主に使い捨て製品、トロッカー、モノポーラダイレクトエネルギー、先進バイポーラ、超音波機器、ステープリングデバイス、クリップアプライヤーなど各セグメントの需要に影響を与えると推定されます。これらのセグメントの減少は、月平均販売台数と関連する手術件数の減少に基づいています。一方で、排煙・気腹チューブセグメントの増加も予測されます。排煙・ろ過システムの採用は、標準管と加熱管からの変換などにより推進される事が予想されます。

腹腔鏡機器市場は、トロッカー、気腹、吸引灌流、吸引灌流チューブセット、先進的なバイポーラ、超音波機器、腹腔鏡ステープリング製品、その他の機器など、使い捨て製品が中心となり販売台数を牽引しています。再利用可能な唯一の製品は、腹腔鏡下ハンドインスツルメントです。この部門の成長は、拡張機能、新技術、耐久性に関連した、機器の高コスト化によって牽引されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]