欧州の歯科用軟組織再生の市場規模、2020年の730万ユーロから2026年には最大990万ユーロ到達予測 後退した歯肉組織の補足生成にも利用広がる

2020年までに欧州の歯科用軟組織再生の手術件数は5万件を超える見込みです。市場規模は2020年の730万ユーロから2026年には、COVID19の影響に応じて、850万ユーロから990万ユーロの間で移行すると予想されています。

市場価値と業界動向

歯科用軟組織再生市場は、異種移植片と同種移植片で構成されています。歯科医は、軟組織再生製品を中心に歯根の被覆や隆起部の補強に使用しています。乳房再建やヘルニア修復などの他の軟部組織強化・再生市場に比べて、生物学的歯科用再生マトリックスは、欧州市場に登場してから、それほど時間が経っていません。

販売台数の大部分を占めるのはGeistlich社とBotiss社のキセノングラフト製品であり、残りの大半はBioHorizons社が販売するAlloDerm®です。軟組織再生のためのヒト組織使用をめぐる規制が、欧州全域で製品の販売を妨げていますが、歯科領域においては、規制のハードルはやや低くなっています。

インプラントの周囲の生体型や軟組織の厚さを増やすために、この種の製品を使用している歯科医もいます。歯科用再生マトリックスの販売数に歯科インプラントの手術件数との相関関係が見受けられる国もあります。人口の違いはあるものの、ドイツとイタリアの販売台数がフランスよりもわずかに高く、英国よりもかなり高いのがその例です。これらの生物学的マトリックスの主な用途は、後退した歯肉組織を補うことであり、一般的には、歯肉組織の生成を目的としています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]