欧州の末梢血管デバイス市場規模、2019年の13億ユーロから2026年には16億ユーロに達し、CAGR 2.9%で成長予測

市場価値と業界動向

欧州の末梢血管デバイス市場は、2019年の13億ユーロから2026年には16億ユーロに達し、CAGR 2.9%で成長すると予測されています。この間、約115万件の末梢血管手術が行われています。

欧州における静脈治療の成長は、臨床知識の発展と医学界の専門知識の普及に伴い、今後数年で加速すると予想されています。現在、英国、ドイツ、フランス、オーストリア、スイスの一部の地域に市場は集中していますが、静脈疾患の診断と治療を容易にするために、欧州全域での静脈治療センターの開発が期待されています。

末梢動脈疾患の治療は、治療可能な対象を増やし浸透しつつあります。欧州では高齢化が進むにつれ、総手術数の増加が予想されます。診療報酬に対する厳しい判断が成される中、患者にとって長期にわたる選択となる、費用対効果の高い治療技術は常に改良され続けています。

競合分析

2019年の欧州における市場リーダーはMedtronic社でした。ステントグラフト(人工血管)市場における存在感と幅広い製品ポートフォリオにより、Medtronic社は高額市場で大きなシェアを確保しました。これにより、同社は安価な製品を一式で販売する方法も得て、市場全体での存在感を高めています。この市場における同社の最も注目すべき製品には、アドミラルIN.PACTTM薬物コーティングバルーン、EndurantTMおよびValiantTMステントグラフトなどがありますが、ステントおよびPTAバルーンの幅広いポートフォリオも大きな収益を生み出しています。

Boston Scientificは、2019年のBTG社を買収し、欧州市場で2位の競合企業となりました。同社は買収後、静脈治療および経カテーテル塞栓術のポートフォリオを発展させ、両市場でトップの座を確保しました。

Cook Medical社は、ステントグラフト市場における強い存在感により、末梢血管市場において第3位の座を獲得することができました。IVCF(下大静脈フィルター)市場の主導的立場は、市場規模が小さいため同社にとって大きな収益源にはなっていません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]