米国の末梢血管デバイスの市場規模、2020年の71億米ドルから2026年に104億米ドルへ拡大予測

市場価値と業界動向

米国の末梢血管デバイスの市場規模は、2020年までに71億米ドルと評価されました。この値は、2026年まで成長し104億米ドルに達すると予想されています。

市場全体では、下肢の小血管系における慢性四肢虚血の治療目的の利用が増えています。薄型装置の開発により、再狭窄を減らす技術が使用されるようになっています。これに関連して、医師の間では、アテローム(粉瘤)切除術やパクリタキセル(抗がん剤)製品を代わりに選択することで、患者の体内に残留する装置を減らそうとする傾向があります。これは、ステント内再狭窄や永久装置の留置による合併症がほぼ日常的に起きていることに起因しています。

この市場における最大の制約は、オフィスベースのラボ(OBL)設定で発生している価格設定圧力です。これらの診療所は効率性を大幅に向上させ、患者の平均在院時間を短縮していますが、このような設定は価格に非常に敏感です。OBLに販売される装置は病院と比較して30%の割引があるのが一般的です。

2018年末にKatsanosによるパクリタキセルのメタ解析が発表されたことで、薬剤被覆バルーン(DCB)や薬剤溶出ステント(DES)の晩期死亡率について深刻な懸念が浮上しました。2019年初頭、FDAはパクリタキセル製品の安全性を再審査すると発表しました。その直後、パクリタキセルから離れ、より伝統的なデバイスに向かう大きな動きが起きました。FDAは2019年8月に「パクリタキセルの使用に起因する末梢部の死亡原因を特定できなかった」とする声明を発表しましたが、これらのデバイスの使用については疑問が残っています。

競合他社の分析

Medtronic社は、2019年の米国末梢血管機器市場でトップの企業でした。同社は、高価値ステントグラフト、DCB、アテレクトミーの市場分野での好調から主導的な地位を獲得しました。

W.L. Goreは、末梢血管市場における第2位の競合企業です。同社は、ステントおよびステントグラフト市場での強力な存在感により、この地位を獲得しました。

米国市場における3番目の競合企業はBoston Scientific社です。BTGの買収に成功した後、同社は末梢血栓管理および経カテーテル塞栓装置市場の主要プロバイダーとなることができました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]