欧州の整形外科用外傷装置の市場規模、2019年の8億700万ユーロから2026年に7億8310万ユーロへ縮小、CAGRは0.4%のマイナス成長予測

欧州の整形外科用外傷装置市場には、プレートとネジ、生体吸収性固定、髄内釘、カニューレー付きネジ、髄内股関節釘、従来の股関節固定、ステープル固定用骨ピン、外付け固定、骨成長刺激装置に関連する装置が含まれています。

2020年5月に欧州連合(EU)によって施行された新しい医療機器規制(MDR)は、欧州外傷市場の成長を妨げる主な要因となっています。これにより、市場に新製品を導入するための手続きが変更され、時間とコストが大幅にかかるプロセスとなります。さらに、この規制は現在市場に出回っているすべての製品にも適用されます。これにより、メーカーによる製品ポートフォリオの再評価が行われ、革新性が大幅に減少する可能性があります。

この市場の主要な推進要因は、人口統計から推測できます。高齢者人口の増加による高齢化は、高齢者の骨折数を増やし、外傷装置の販売台数の増加につながります。また、肥満は骨折のリスクを高めることから、欧州で肥満人口が増加していることも、販売台数を増やしていると考えられます。

整形外科用外傷装置市場では、チタン製品の人気が高まっています。欧州ではチタンのコストが低下していることから、外科医によるチタン製品の外傷装置市場での使用を促進することが予測されます。

欧州全体として、整形外科用外傷装置市場は2019年の8億700万ユーロから2026年には7億8310万ユーロに減少すると予想されます。これは、CAGRで0.4%のマイナス成長となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]