結石管理装置市場:ホルミウムレーザーの採用で市場拡大へ

結石管理装置には、体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)、ホルミウムレーザー装置、ツリウムレーザー装置、専用ファイバー、結石片回収装置、アクセスシース、尿管ステントが含まれています。泌尿器科疾患は、技術の進歩に伴い、より早く正確に診断されるようになっています。この疾患は、発見が早ければ早いほど治療の選択肢が増え、外科的治療を行わなくても良好な結果が得られる可能性が高まります。

結石管理装置市場の動向と洞察

結石管理装置市場は2021年に11億米ドルと評価されました。その後、2022からCAGR5.4%で成長し、2028年には16億米ドルに達すると予想されます。2020年と2021年のCOVID-19パンデミックが市場に与えた影響を除くと、高齢化や慢性疾患の蔓延などの人口動態要因や、ツリウムレーザーの採用などの技術開発によって、市場全体は力強い成長が予測されます。

競合の状況

2021年、競合のトップ3はBoston Scientific、Cook Medical、Becton Dickinsonでした。2021年の結石管理装置市場は、Boston Scientificがリードしました。同社は、Swiss LithoClast®ファミリーの空気圧システム、超音波、コンビネーションISWL資本装置を販売しており、FlexProbe®は、腎臓、尿管、膀胱の処置における軟性内視鏡検査に使用されます。同時に、Accumax®、Flexiva™、SlimLine EZ™、VersaPulse® PowerSuite™など、使い捨てのホルミウムレーザーファイバーの幅広い製品ラインを提供しています。

結石管理のためのレーザー手術の大半はホルミウムレーザーで行われています。この技術は発売以来成功を収めており、2022年~2028年の間に2桁成長を示すことが予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]